みなさんは、英単語を暗記するのにどれくらいの時間がかかっていますか?

英文読解やリスニングの学習にはきちんと取り組んでいても、英単語そのものを覚える作業はサボってしまっている、という方は意外とたくさんいらっしゃるかもしれません。

そうは言っても、普段は他の学業や仕事が忙しく、さらに英単語の学習時間を取れない場合はどうすればいいのでしょうか。そこで今回は、スキマ時間だけで英単語を効率良く暗記するための方法についてお伝えします。

日常に転がっている“スキマ時間”はたくさん

たくさんの英単語を勉強して英語力をさらに高めるには、それなりの時間が必要だと考えていませんか?

そのような心配はまったく無用です。気づかないうちに無駄なことに費やされがちな毎日のスキマ時間を使えば問題ありません。

例えば、スマホで何を調べるでもなくただネットサーフィンをしている時間はいかがでしょうか。ふと時計を見たら、すでに1時間経っていた、なんてこともしばしば。もしそのうちたった10分だけでも英単語を覚えるのに費やすことができていれば、私たちが将来発揮できる英語力はきっと異なっているでしょう。

他にも、探してみればスキマ時間は簡単に見つかるものです。株式会社プラスドライブ代表取締役である原マサヒコ氏によれば、ビジネスパーソンが物を探すのに使う時間は、1年間でなんと平均150時間にものぼるのだそう。物を探す作業を完全になくすことはできませんが、普段から身の回りを整理しておくことでその作業時間を減らすことは可能ですよね。

このように、たとえちょっとした時間であっても自分の取る行動によっては、積もり積もって大きな時間を無駄にしているかもしれません。そして、時間の有効活用ができるのかどうかも変わってくるでしょう。

15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

スキマ時間を英単語学習に充てるための戦略

では、私たちはどのようにしてスキマ時間を英単語学習に活用すればいいのでしょうか。

1.自分の体験から英単語のイメージを得る
「次に来るバスや電車を待っている」、「人との待ち合わせに少し早く着いた」などという状況で、もしかすると5〜10分の時間の余裕ができることがあるかもしれません。短いスキマ時間ができるとついぼーっとして過ごしてしまいがちですが、この時間こそ他の人と差をつけ英語力を高めるチャンスです。

いちいち単語帳を持ち歩いている人はあまりいらっしゃらないと思いますが、スマホならおそらくたいていの人が持ち歩いているでしょう。身の回りの目についた物が英語で何というのか知らない場合はスマホを使って調べてみます。

例えば、駅前で人と待ち合わせをしている時に、自分のそばを通り過ぎていく人が目に入ったとします。「『歩く』は『walk』だけど、他に何か表現があったかな……」と思ったら、その瞬間スマホでパッと調べてみましょう。「通り過ぎる」なら「pass」、「歩いて(目的地に向かう)」なら「on foot」などが挙げられます。

調べてもすぐ忘れてしまったら意味がないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ただ単語帳を眺めているよりも自分の体験と結びつけるほうがずっと忘れにくくなるはずです。

2.テスト形式で何度も紙に書く
30分程度のスキマ時間があれば、覚えたつもりの英単語を何度も反復する作業に充てると記憶のさらなる強化につながります。

「脳が認める外国語勉強法」の著者ガブリエル・ワイナー氏によれば、扁桃体のすぐそばに報酬を生み出す領域があることから、紙に書き出すことで記憶の定着が高まるメカニズムも扁桃体が司っているのだそう。つまり、思い出そうとするものをうまく思い出すたびに、脳内の報酬系から報酬としてドーパミンが海馬に分泌され、長期記憶への保存が確かなものになると言います。

たしかに、英単語を覚えるには紙に書き出して反復するのが一般的です。しかし、英単語の綴りを見たまま写す作業になってしまっていることがよくありますよね。ただ書き写すだけで新しい英単語を覚えたりその英単語が本当に覚えられているのかどうかを確認したりすることはできません。「思い出せた!」といううれしさや興奮が記憶保持につながるため、フラッシュカードを作るなどしてテスト形式で暗記すると良いでしょう。

adobestock_151327209

実際にやってみた感想と効果

実際に、筆者もスキマ時間を英単語学習に充ててみることにしました。筆者の場合、これまでは5〜10分程度のスキマ時間であればSNSのチェックやメール返信などをしていましたが、それを英単語学習に充てることで、大学受験以降ほとんど忘れかけていた英単語をいくつも思い出すことができました。

また、無駄にしていたスキマ時間が思ったよりもたくさんあることに気付くことができたのです。もちろん休息のために使うことも必要ではあるのですが、それ以上にダラダラしてしまっている時間を反省するきっかけとなり良かったと思います。

***
比較的、放置されがちな英単語学習ですが、みなさんもスキマ時間を活用してぜひ効率良く英語力を高めていってください。

(参考)
STUDY HACKER|英単語暗記法をHACKしろ! 短時間で英単語を暗記する“科学的”な方法。
DIAMOND online|英単語の暗記には「ドーパミン」を使え
東洋経済ONLINE|仕事のできない人は「暗記」のコツを知らない
東洋経済ONLINE|デキる人は5分の「スキマ時間」をこう使う
PRESIDENT Online|「5分で覚える人」と「徹夜してもダメな人」との違いはどこ?