このコラムを読んでいるあなたは、おそらく 「自分史上伝説の夏にしてやるぜ!」 と思っていることでしょう。
そんなあなたに、私から、経験をもとに伝えておきたいことを記します。

badge_Columns_100早く寝ろ

これは、「早寝早起き」とは少し違います。
私は、「朝6時には起きろ!」とは言いません。私自身がムリでしたから(笑)
しかし、夜更かしは禁物です。 なぜなら、すぐにクセになるから。

はじめのうちは、問題集を解いていたら深夜になってしまったのかも知れません。
けれども、気づけば理由は別のものになっています。 友達とのLINE、ネットサーフィンをしていた、などなど。
こうなれば、夜更かしの理由が、ふたたび勉強になることはもうありません。
だいじょうぶ。問題集の1問や2問、次の日に回しても不合格になったりしません。

就活に向けてTOEIC840点獲得! 単語暗記が大嫌いでも3ヶ月で240点アップしたワケ。
人気記事

badge_Columns_100外に出ろ

「部屋にこもりっきりで、机にかぶりついてやる!」 こんな人は非常にあぶない。
やはり、家の中にこもっていると、やる気は徐々に、けれど確実に落ちていきます。

外に出ましょう。 買い物に行くのもよし、散歩に行くのもよし。 外の空気を吸うだけで、気分はずいぶんとリフレッシュされます。 適度な運動は、疲れをとるのにも必要不可欠。 寝つきもずいぶんと違います。

outside

badge_Columns_100人と話せ

40日間をたった1人で乗り切ることはできません。
高3の7月、終業式の日に、友達に「夏休みは家族とも話さない!部屋で勉強しまくってやる!」というある種のヒキコモリ宣言を受けました。

そんな彼が、9月の始業式の日に言った言葉はこうでした。

「なんにもできなかった……」

彼曰く、誰とも話さないでいると、精神的に参ってしまったとのこと。
さらに、誰とも勉強の進み具合を共有しないでいると、「いまのペースで問題がないか」が確認できません。これは、望ましいことではありません。

SNSが発達した今でも、相手の顔を見て、面と向かって話すのは、いい気分転換になりますし、外に出るいい理由になります。
ライバルと話しましょう。話して、その人がいまどんな勉強をしているのか、盗み取ってやりましょう。

talk

badge_Columns_100 新しいことはするな

夏休み用に新しく問題集を買ってしまったあなた、それは捨てましょう。
他ににやるべきことがありませんか? そう、復習です。

たしかに、夏休みなのだから、新しい問題集をコンプリートしたいという気持ちもわかります。
しかし、あなたはもう、いままでにやったことは完璧になっていますか?
夏休みは、いままでの「わからなかったこと」を「わかったこと」に変えられる、最後のチャンス。
1学期にわからなかったことが、2学期には自然とわかるようになっていた、ということはありません。
1学期にやった問題集、模試を復習しましょう。何回も、何回も。 答えを覚えてしまうくらいに。

**

どうでしょうか? これらのメッセージは、どれも私の受験生時代の反省が元です。 夏休みには、誰もが今までとは違ったことをしたくなるものです。 しかし、受験に求められるのは、「周りに惑わされない力」です。 友達が新しい参考書を大量に買っても動じない。難しそうな問題を解いていても動じない。 「自分にとって本当に必要なこと」をできる人が、来春には笑っています。 このコラムを読んでくれたあなたに、ぜひ、来春のサクラが咲くことを願います!


東京大学文科二類所属。明星高等学校卒業。東京でも大阪弁を貫く決意で日々を送っている。現在は、有名フリーペーパー制作にかかわり、多くの企業の協賛を獲得している。