短期留学を成功させるための3つのポイント(出発前編)

「留学って楽しそう、いいな~」と思ったことがある人はたくさんいるはずです。 最近では短期留学などのプランもたくさん出てきて意外と手軽に留学できるようになりました。 でも、いざ行こう!と思い立っても右も左も分からないままでは大変ですよね。 今回は私の実体験や、周りの友達から聞いた「短期留学を成功させるポイント(出発前編)」について紹介します!

the girl in an airplane

badge_columns_1001711なるべくオンシーズンは避ける

まずは留学する時期について。 短期留学の場合は「オンシーズン」を避けましょう。 具体的には春休み(3月)や夏休み(9月、10月)の頃です。 この時期には休みを利用した日本人留学生が多いので、グループができがちです。 せっかく留学するのであれば、周りに日本人がいない環境のほうが良いに決まっていますね。

badge_columns_1001711目標をたてる

誰しも留学する目標があると思います。 「TOEICで良い点数を取ろう!」とか「人見知りな自分を変えたい!」とか。 しかし、いざ留学すると楽しいことや苦しいことがたくさんあって、意外と忘れてしまいます。

3ヶ月以内の短期留学の場合、目標が達成できるかどうかは心がけ次第! 細かな計画やプログラムの中身より、気持ちの問題です。 しっかり目標をたてましょう。

ポイントは、 ・数字を使って具体的にすること 例えば、「英語の勉強のために、1か月で1冊本を読む」「英語の語彙力向上のために、1日7センテンス以上の日記を書く」「自分を変えたいから、1日1食は友だちを自分から誘う」といったように。

・毎日使うものに書いておくこと 日記やノートの表紙にデカデカと目標を書いておきましょう。あとから「もうちょっと簡単なやつにしよう」なんて変更は無しです。

High targets

badge_columns_1001711出発前から会話に慣れよう

留学前、誰しも不安なのが、英語でのコミュニケーション。 「いけば何とかなる!」とよく言われますが、短期留学を密度高く、有意義に過ごすにはやはり事前の練習が有効です。

どんなところでも人間関係は第一印象が大切。留学先の最初の自己紹介くらいはすらすらっと言えるようにしておきましょう!

今ではオンライン英会話やカフェ英会話など安価で会話の練習ができるツールもたくさんあるので、活用することをオススメします。

***

いかがでしょう? 内容は基本的な3つのポイントですが、意外と怠りがちです。 迷っている人も、ぜひ思い切って海外で勉強してみてください。 きっと、特別で素晴らしい時間になるはずです。


京都大学法学部所属。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら