試験直前の休憩時間、あなたは何をしていますか?

試験前の休憩時間の使い方は人それぞれ。 諦めて雑談したりヤマを張って開き直ったりする人もいれば、真面目に参考書を開いて勉強している人もいます。 たったの10~20分。 でも、この休憩時間をどのように使うかによって、試験の点数が大きく左右されます。 そこで、休憩時間を有効に使うために私が実践していたことをお伝えします!

 

test-kyukei

 

するべきことは3つ。 そのうちの2つは言われなくても既に実践している人も多いと思います。

badge_Columns_100トイレに行く

当たり前ですが、試験中にトイレに行きたくなったら集中できません。 少しでも行きたいと思ったら行っておきましょう。

badge_Columns_100わからないところを先生や友人に質問する

わからないところが試験直前まであるのはあまり望ましいとは言えませんが、前日に勉強していてわからないことが出てくるということはよくあります。 私もありました。 それをそのままにしておくのではなく、試験前にちゃんと理解しておきましょう。 先生がいれば先生に聞くのが良いと思います。 先生がいなければ、近くにいる比較的ヒマそうな友人に聞いてみてください。 必死に勉強している友人に声をかけるのはあまりオススメしません(笑)

badge_Columns_100【試験直前用紙】を見る

これを実践している人はあまりいないような気がします。 ですが、ぜひ、皆さんに実践してほしいです!!

10~20分ほどの休憩時間に復習できる範囲は限られています。 試験範囲は非常に広いため、この短い間に全てを復習することは不可能です。 だから、この短い時間を有効に使うための準備をしておくのです。

 

test-kyukei2

 

―――【試験直前用紙】のつくり方――― 1:おもて面が白い紙を用意する 2:試験勉強をする 3:試験勉強と並行して、復習したいところだけを抜き出して白い紙に書いていく 4:知識として定着したら線を引いて消していく

つくり方というと大げさですが、ただ試験直前に復習したいことを紙に書いていくだけです。 ポイントは、できるだけ【削ぎ落として】書くこと。 つまり、本当にわからない部分だけを書くのです。 そうすると、覚えていない単語や解き方だけが紙に並んでいきます。 きれいに書く必要はありません。 覚えていない単語が多すぎても、めげずにどんどん書いていきましょう。

できあがった用紙に書かれた言葉を順番に追ってみてください。 わからないところを書き出したはずなのに、意外とわかる単語があるはずです。 なぜなら、ついさっきまで勉強したところだから。 そして、一度紙に書いたことで勉強になったから。

とはいえ、まだまだ覚えていない単語もたくさんあると思います。 つまり、自信のある単語とない単語が混ざっている状況ですね。 ここで、ちょっと休憩。 少し時間をおいて、また用紙を見てみましょう。 これを繰り返すと、「もう覚えた」という単語と「覚えていない/自信がない」という単語にはっきりとわかれるはずです。 「もう覚えた」単語は線を引いて消していってください。 すると、用紙を見る時間がだんだんと短縮され、勉強するのが楽しくなってきます。 線を引くのも気持ちが良いです!

長くなりましたが、こうして試験直前まで線を引かれることなく、覚えてもらえなかった単語たちが書かれた用紙が【試験直前用紙】です。 これを試験前の休憩時間に見て覚えましょう。 既に何度も見ているはずなので、覚えるというよりは確認かもしれませんね。

この方法にはメリットが2つあります。

1:集中力がすごい!! 短時間で覚えようとするため、ものすごく集中できます。 量が多くても、1分あればかなり多くの単語を確認することができます。 しかも、直前に詰め込んだ知識の割には、意外とずっと忘れずに覚えています。 ちゃんと知識として定着してくれるのです。

2:試験勉強の時間が短くなる!! 前日に試験勉強しているとき、「覚えていない英単語を覚えようとしていたら時間がどんどん過ぎていき、数学を解く時間がなくなってしまった」なんて経験はありませんか? 【試験直前用紙】をつくれば、そんな失敗はしなくてすみます。 暗記に時間を費やす必要がなく、どんどん紙に書いていくだけなので、勉強時間を短縮することができるのです。

直前にあがくのはカッコ悪い? そんなことないですよ! 最後まで諦めない姿はステキだと思います。 【試験直前用紙】、ぜひ試してみてください!

 


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら