Portrait of woman with headache

これから、本格的な梅雨。
梅雨の時期は湿度が高くなり、不快指数も上がってなかなか集中できない季節。
今回は、そんな梅雨の時期の集中力を保つためにおすすめの集中法をご紹介します。

badge_columns_1001711梅雨の時期に集中しにくくなる理由

雨の日になると頭が痛くなる…!という人、いませんか。
天気の変化と関係して体調が悪くなったりする症状は、気象病と呼ばれています。
これは、気圧や温度、湿度の変化が体調に関係しているから。
雨が多くなる梅雨の時期は、低気圧と湿度の高さが相まって、この気象病も起きやすくなります。
低気圧のせいで自律神経が乱れて、頭痛や吐き気、イライラやだるさなどの症状が出たり、身体がむくみやすくなるのが特徴です。
また、湿度の高さから感じる不快感がストレスになり、集中力も低下しやすくなります。
梅雨場の集中には、この気象病と湿度の高さへの対策が必要です。

10年以上のブランクから56日でTOEIC920点! パーソナルトレーナーと走り抜けた英語学習の "最短距離"
人気記事

badge_columns_1001711気象病対策

頭痛予防

頭痛予防におすすめな食べ物は、ほうれんそう、ゴマ、レバー、納豆など。マグネシウム、ビタミンBを含む食べ物が効果的です。
また、逆に頭痛を悪化させる食物が、赤ワイン、チョコレート、チーズ(発酵食品)など。
これらの食物にはチラミンという物質が含まれています。チラミンには血管収縮作用があるため、血圧を上昇させてしまい、偏頭痛を起こしやすくなると言われています。

むくみ対策

むくみを予防するためには、水分や塩分を摂りすぎないこと。
また、血行を妨げてしまうので、デニムなど締め付けのきつい服装はやめ、ゆったりとした服装をするのがおすすめ。
また、ストレッチで血行をよくしたり、お風呂に入ってリラックスし、自律神経のバランスを整えるのも大切です。

two happy brother with umbrella outdoors

badge_columns_1001711梅雨時の集中にはガムがおすすめ!

神奈川歯科大学名誉教授、咀嚼と脳の研究所所長の小野塚實先生がおすすめしているのがガムをかむこと。

「集中力の方程式は<集中力アップ = 海馬と前頭前野の活性化 + 脳のリラックス>です。『海馬と前頭前野の活性化』と『脳のリラックス』は、咀嚼をすることで向上することが私たちの実験で明らかになっています(※1)。集中力が低下するこの時期こそ、働き盛りの社会人の皆さんに、いつでも手軽に咀嚼ができるガムを噛むことをおすすめします。」

集中力の下がりやすい梅雨だからこそ、ガムを用意しておくといいですね。

いかがでしたか。
実践しやすいものも多いので、これらの対策で、梅雨の時期も集中力を下げることなく、快適に過ごしましょう!

参考サイト

※1:小野塚實(2011) 『噛めば脳が若返る』 株式会社PHP研究所[引用元:Asahi Shimbun Digital[and]集中力が低下する梅雨に要注意!「社会人と集中力に関する調査」発表 99.4%「集中力が必要」と考えるも、「集中力が高い方」と答えたのは半数のみ 特に20代男性ガムユーザーは「集中力持続」に意欲的?!

HappyLifeStyle気分転換がうまくなる30の方法
wikipediaチラミン
Naverまとめ 気象病・頭痛予防にはこれが効く!
HAPPY エンジョイ・ライフ 気象病の原因と対策
めざせ!健康優良人!“お天気と関係あり「気象病」”


京都大学文学部所属。長野県立松本深志高校卒業。ぱんだとししまいがとても好き。在学中は京都でしか見られないししまいを見てまわりたい。