winter-depression1
毎年冬になるとやる気が出ない、朝起きられない、人と会いたくない、仕事が捗らない……、 こんな症状で困ってはいませんか? 調子が出ないのはいつも冬だけ、というあなた。それはもしかしたら、「冬季うつ病」かもしれません。

冬季うつ病とは

「冬季うつ病」とは1984年にアメリカの研究者によって発見された、季節性情動障害のうちのひとつ。毎年冬(10月~12月頃)にかけてうつ症状が現れ、春先(3月頃)になると回復します。男性よりも女性に発症しやすく、一度発症すると毎年繰り返す傾向があります。
一般のうつ病と違い、冬季うつのうつ症状は比較的軽く、春になると回復するので、自分がうつ状態と気が付かないまま春まで我慢してしまう方が多いようです。

長時間学習からの脱却。多忙な就活生が短時間でTOEIC®855点獲得した、科学的理由。
人気記事

主な症状

冬季うつ病の症状は、基本的には一般のうつ病の症状と同じ以下のようなものです。

・自己否定的になる
・集中力がなくなり、普段できていた仕事がうまくできない
・無気力感に襲われる
・人付き合いや外出がおっくうになる
・普段よりも睡眠時間が長くなっているのに日中も眠気がある
・炭水化物や甘いものが欲しくなる。食事が炭水化物に偏り体重が増える。

これらの症状が冬に2年以上繰り返されれば、「冬季うつ病」と診断される可能性が高くなります。

winter-depression2

原因と治療法

一般のうつ病は原因はさまざまで、複雑に絡み合っていることが多いですが「冬季うつ病」の原因は明確で、それは日光不足です。冬になると当然日照時間が短くなります。光による刺激が少なくなると、神経伝達物質のセロトニンの分泌が低下して脳の活動が低下しますが、このセロトニンの不足は一般的なうつ病の原因でもあります。
また、目から入る光の量が減少することによって、体内時計を司る脳の松果体からメラトニンを分泌するリズムが崩れ、体内時計が狂ってしまうという説もあります。

一般的に、緯度が高い地域ほど冬季うつの発症率は高くなると言われています。緯度が高い地域への引越しや、日当たりの悪い部屋へ移ったことで発症するケースも少なくありません。
冬季うつ病は、「日光不足」と原因が一律のため、治療には光照射療法という手法が用いられます。これは装置を使って3000~10000ルクスの照度の光を毎朝浴びるという方法で、早い人で1週間ほどで効果・回復がみられるそうです。

***
いかがでしたか。「なんとなく冬になるといつも気がめいるのはこれか!」と思った方もいるかもしれませんね。冬季うつ病は比較的症状が軽い人が多いですが、中には日常生活に支障を来すほど重たい症状が出る人もいます。「春になれば治るから」と我慢をするのではなく、治療法も確立しているのですから、気になる人は心療内科や精神科を訪れてみてください。

参考
光療法の総合サイト|冬季うつ病(季節性うつ病)
healthクリニック|冬だけ甘いものが欲しくなる--ひょっとして「冬季うつ」?


京都大学理学部所属。大阪府立天王寺高校卒業。ビジネスサークルの立ち上げ等理系らしからぬ趣味に没頭。イタリア語の魅力に取りつかれイタリアで将来働きたいと画策中。