よく見て覚えるは逆効果!東大生が行き着いた、科学的な単語暗記メソッド

英単語や歴史用語、あなたはどうやって覚えているだろうか??

単語カード、青ペンで書きまくる、ノートにまとめる… ツールはいろいろあると思うが、今回注目したいのはその「見方」。単語を見る時、用語を見る時、どんな風に見ているだろうか?

眺め方一つで、効率は大きく変わる。今日はそれを科学的に検証したいと思う。

file9991249416514

badge_Columns_100「よく見る」ことは逆効果!

東京大学大学院教育学研究科の野崎大地教授らは、「過剰な視覚情報が学習を阻害する」ことを発見した。

教授は学生に簡単な運動サイクルを行わせる実験をおこなったのだが、一回目に与えられた視覚情報が逆に二回目以降の運動に悪影響を与えていたという。そこで4〜5サイクルに一回くらいに視覚情報を減らすと、学習成績があがったとのこと。

……とかなり難しいが、要するに、何か学習するときに「じーっと見すぎると逆に覚えにくくなりますよ」ということだ。

確かに、覚えたいものがあるのに、そればっか見ていたら覚える気をなくしてしまいそうだ。ずっと見続けるのではなくて、時に視線を外してあげることで、効率は大幅アップ!するのだ。

 

badge_Columns_100瞳を閉じて単語を描こう

野崎教授の実験では、しっかりとした実験環境のもとで視覚情報を遮断していた。ただ実際問題、暗記ものをやるのはそんなに安定した環境では無いことが多いだろう。 例えば電車の中だったり、寝る直前だったり、ひょっとするとお風呂で暗記、なんていう人もいるかも。STUDY HACKERでもこんな記事を紹介したことがある。

『お風呂は暗記効率が良いことが明らかになりました!お風呂暗記ツール3選』

しかし、お風呂場で、隣のページの単語や、すぐ下に書いてある用語を見ないようにするのはちょっと大変。絶対濡れる。

だから暗記ものをやるときには、「ひとつ見たら、すぐに目を閉じてその言葉を思い浮かべる」ということを習慣にしてみよう。 例えば英単語。achieveの意味がわからなかったとしよう。赤シートを外して意味を確認したら、すぐに目を閉じるのだ。そして心の中で意味を三回唱える

「achieve達成する、achieve達成する、achieve達成する……」

こうすれば簡単に視覚情報を遮断できて、他の単語に気を取られてしまうことも無い。意味を確認したらすぐに、というところがポイントだ。

できる限り余計な情報はシャットアウト!一つ一つしっかり頭に入れていこう。


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら