2016年10月 第1週 #電話 ”後で折り返してもいいですか?” など7選

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「電話」です。相手の顔が見えない電話での会話は、どうも難しいものですよね。英語で会話するとなると、なおさら大変。

そんな英語での電話対応で役に立つ、「電話で使える英語フレーズ」をご用意しました。

Sorry, I'm running late.

ごめん、遅れそう!

お家でのんびり支度をしていると、約束の時間に遅れそうになってしまった!  なんてことありませんか? そんなときはすぐに電話で相手に知らせてあげましょう。 "Sorry, I'm running late." 「ごめん、遅れそう!」

Is this a good time to talk?

今お電話よろしいでしょうか?

電話をする際には、相手がいま話せる環境にいるのか確認するのがマナーです。そんな時にはこのフレーズ。 "Is this a good time to talk?" 「今お電話よろしいでしょうか?」

Can I call you back later?

後で折り返してもいいですか?

仕事中に急にかかってきた電話。どうしても今話せない! そんな時にはこのフレーズを一言。 "Can I call you back later?"「後で折り返してもいいですか?」

Aren't you gonna get that?

電話なってるけど出ないの?

隣にいる人の電話が鳴り続けている……。でも気が付いてないみたい。そんな時にはこんな風に教えてあげて。 "Aren't you gonna get that?" 「電話なってるけど出ないの?」

Could you have her call me at ×××-×××?

彼女に×××-×××まで電話するようお願いできますか?

折り返し電話をしてもらうように伝えてもらいたいとき、call me at ~で、~まで電話くれますか? という表現を使って、 "Could you have her call me at ×××-×××?" 「彼女に×××-×××まで電話するようお願いできますか?」

Please get back to me.

連絡して!

こちらから何度も連絡をしているのに、返事がないと心配になりますよね。そんな時にはこのフレーズを使って留守電にメッセージを残しておきましょう。 "Please get back to me!" 「連絡して!」

Could you say that again?

もう一度言って頂けますか?

電話で会話中、「あれ? 今なんて言ったんだろう?」と思うことってよくありますよね。失礼がないように聞き返すときにはこちら。 "Could you say that again?" 「もう一度言っていただけますか?」

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら