きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「メール」。お仕事で英文メールを作成しなければいけない時、「これは英語でなんて言うんだろう?」と迷ってしまうことはありませんか。よく使える例文をあらかじめインプットしておくとメール作成がスムーズになりますよ。

今回は、英語のビジネスメールでそのまま使える英語フレーズをご紹介します。

Did you receive the email that I sent you the other day?

先日送ったメールは受け取りましたか?

メールの催促に使える英語フレーズ。“Did you receive the email that I sent you the other day?” 「先日送ったメールは受け取りましたか?」

90日でビジネス英語も "正しく" 読めるようになりました! 脱・文法嫌いでTOEIC®も920点に。
人気記事

I would appreciate it if you could please send me a brochure via email.

パンフレットをメールで送ってくださると大変ありがたいです。

丁寧にお願いしたい時には、”I would appreciate it if you could (please)…“のフレーズが便利ですよ。I would appreciate it if you could please send me a brochure via email.” 「パンフレットをメールで送ってくださると大変ありがたいです。」

I would be grateful if you could email me a reply to confirm.

メールにて確認のご連絡いただけますと幸いです。

“I would appreciate it if you could (please)…“と併せて、”I would be grateful if you could (please)…”も覚えておきましょう。“I would be grateful if you could email me a reply to confirm.” 「メールにて確認のご連絡いただけますと幸いです。」

For some reason, my email didn’t go through.

なんか知らんけど、メールが送られへんかってん。

go throughは、「通り抜ける、通行する」という意味。このシチュエーションではメールがうまく送信されなかったニュアンスが出ます。“For some reason, my email didn’t go through.” 「なんか知らんけど、メールが送られへんかってん。」

Could you forward me the email from Mr. Clark?”

クラークさんからのEメール、転送してもらえますか?

forwardは「転送する」という意味です。“Could you forward me the email from Mr. Clark?” 「クラークさんからのEメール、転送してもらえますか?」

Could you inform me your schedule via email?

あなたのスケジュールをメールでお知らせいただけますか?

“Could you tell me…?”よりも、”Could you inform me…?”の方がよりフォーマレルです。“Could you inform me your schedule via email?” 「あなたのスケジュールをメールでお知らせいただけますか?」

Thank you for your email regarding the job application.

採用のご応募ありがとうございます。

regardingは、「〜に関して」という意味です。aboutよりもフォーマルな響きが出ます。“Thank you for your email regarding the job application.” 「採用のご応募ありがとうございます。」