英語のジムENGLISH COMPANY 人気トレーナーの教える『英語の耳』の作り方

f:id:watamin0218:20190412191357p:plain

 

今回も、英語のジム"StudyHacker ENGLISH COMPANY"の人気トレーナーから、英語がすっきり聞き取れるようになる音声変化のルールをお伝えします。

前回の動画では、ネイティヴスピーカーの英語が聞き取れないのは英語が速いからではなく、そもそも「日本人が思っているのは違う音」で話しているからだというお話を紹介しました。 "It's cold in here." は 「イッツ・コールド・イン・ヒア」というよりむしろ「イッツ・コールディンニア」に近く発音されているのでしたね。

badge_columns_1001711とてもよく使われるのにあまり知られていない音声変化がある!

第2回となる今回は、いくつかある音声変化のルールの中から『弱形』(weak form)について学んでいきます!

まずは動画をどうぞ。

 

いかがでしょうか。

英語の学習では、和訳や英作文、文法などに力をいれるあまり、発音などの音声面が後回しになりがちです。この動画で、ネイティヴスピーカーの発音をしっかり練習して、きれいで正しい発音と、英語が聞き取れる耳を手に入れましょう。

前回の動画と併せてご確認くださいね。

前回動画→英語が聞けないのはルールを知らないから! 人気トレーナーが教える『英語の耳』の作り方

 

『英語のパーソナルジム StudyHacker ENGLISH COMPANY』では、ひとりひとりに英語のプロトレーナーを3ヶ月間、ぴったりつけて英語力を一気にブーストします!

特に、「大学受験で英語はそれなりに勉強したんだけど、実用的な英語のレベルではない」とか「TOEICをうけてみたら、思ったように得点できなくてがっかりした・・・」という方は大きな得点アップが期待できますよ!無料体験授業も受付中です。ホームページをチェックしてくださいね。 StudyHacker ENGLISH COMPANY 公式サイト

 

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら