英語学習者にとっての「最善」を究めたい。英語パーソナルトレーナー・松井葵さんのこれまでとこれから。

【ENGLISH COMPANY】松井トレーナー TOP画像

「英語のパーソナルトレーナー」という仕事を聞いたことがありますか? 主に1対1の指導により、短期で大幅な英語力アップを可能にする英語指導のスペシャリストのことです。

今回は、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』でパーソナルトレーナーとして働く皆さんのインタビュー第ニ弾をお届けします。お話を聞かせてくださったのは、松井葵トレーナー。元学校教員の彼女が現在に至るまでのいきさつや仕事のやりがいなどについて詳しく伺ってきました。

小さい頃から英語が大好き

——今日は色々とお話を聞かせてください。よろしくお願いします。

松井トレーナー:よろしくお願いします。

——では早速、松井トレーナーの経歴と現在のお仕事の内容について大まかに教えてください。

松井トレーナー:地元和歌山の高校を卒業後、東京外国語大学に進学しました。学生の頃に非常勤で塾講師を経験し、新卒で英語教員になりました。その後、創立間もないENGLISH COMPANYに転職し、一昨年までは都内のスタジオでパーソナルトレーナーとして受講生のトレーニングを担当してきましたが、産休・育休を経て、現在はコンテンツ・教材開発に従事しています。

——それでは詳しくお話を伺っていきたいと思います。はじめに、英語との出会いについて教えてください。

松井トレーナー:幼稚園で英会話のクラスが週1回あり、物心つく前からすでに英語に親しんでいました。小学生の時に学校のALTの先生と話したいと思ったこと、地元に住んでいた外国人の子供と話したいと思ったこと、英語が話せたらかっこいいなと思ったことを思い出します。

当時、私の地元では英語を話せる人はまれでした。そんな中、小学生のときに、母が地元に1つしかない英語教室に通わせてくれました。そこで出会った先生は日本人なのに発音がとてもきれいで、外国人とも不自由なく話をしていていました。生徒もみんな英語ができる上にホームステイを経験した子までいて、憧れの対象でした。いつか自分もこうなりたいと、英語の勉強に本腰を入れることにしました。

——その後、子供時代はどのように英語を勉強されたのですか?

松井トレーナー:小学5年生から高校3年生まで、週1回英会話教室、週2回英語塾に通いました。高校2年生のときには、ロサンゼルスでホームステイをしました。

——小、中、高と英語を熱心に学ばれてきたことが伝わりますね。その後、東京外国語大学へ進学されていますが、そこでは何を学ばれたのですか?

松井トレーナー:教職課程、およびラオス語専攻で学びました。教職課程では、(財)語学教育研究所に所属する第一線の英語指導者に師事し、英語教育について専門的に学びました。Repeat、Read and look up、暗唱、シャドーイング、タスク活動などを学び、それがなぜ効果的なのか、なぜその順番なのか、などを勉強しました。毎回授業準備をし、先生役としてデモンストレーションを行うという実践形式のクラスでしたから、理論だけでなく授業マネジメントについても多く学びました。言語学についても学び、特に音声学の知識はいまの仕事での教材作りや指導に役立っています。専攻したラオス語は4年間でかなり話せるようになりました。

——大学時代は塾講師の経験もあるということですが、実際に教えてみてどのような感想を持たれましたか?

松井トレーナー:文法の型と訳を教えて、問題を解かせ、間違えたところを解説するという指導形式でした。受験を目的にせざるを得ませんから、問題が解けるかどうか、受験に受かるかどうか、が目的で、解法テクニックや問題傾向が中心でした。わかるようになった、できるようになったと言ってもらえることは、とてもうれしいことではありましたが、受験の形式的な制約を強く感じながら複雑な思いで教えていました。

【ENGLISH COMPANY】松井様トレーナー ソロ画像

大学で学んだことが活かせない

——卒業後に教員としてお仕事をされたということですが、その頃のことについて教えてください。

松井トレーナー:大学で学んだことを活かすべく、英語教育に力を入れている学校の教員になりました。しかし、受験というものがある以上、学校でもどうしても受験指導を重視する必要があります。また、新しい形式で授業を行えば既存の評価方法に馴染まず成績がつけられなくなるという問題もあります。学校が悪いというわけではもちろんありませんが、学校というフィールドでは、残念ながら大学で学んだ教授法を実践することは難しいものでした。

生徒指導、部活動監督、体育祭や文化祭など、学校が求められることは「英語を教えること」以外にもたくさんあります。もちろんそのどれもが必要なことですが、どうしても英語を教える仕事に集中したくなってしまい、転職を決意しました。

——英語を教える仕事はたくさんあります。どうして英語のパーソナルトレーナーという仕事を選ばれたのでしょうか?

松井トレーナー:大学の頃に学んだ先進的な方法を実践できる可能性を感じたからです。第二言語習得研究の知見に基づいた科学的なメソッドで日本の英語教育を変えていこうというメッセージに惹かれ、ここならやりたかったことができるかもしれないと感じたのがきっかけでした。

最高のコンテンツを開発したい

——実際にパーソナルトレーナーとして働いてみた感想を教えてください。

松井トレーナー:大学で学んだことを実践で活かしながら科学的に正しい方法で指導できることに安堵していました。言語習得のプロセスにおいて受講生が今どこにいるのかを正しく把握し、個々の課題に合ったアプローチを用いて短期間で英語力を伸ばすことを繰り返すうちに、英語指導の専門家としての矜持を持てるようになっていきました。

担当した生徒さんの中には、当初毎週の英語の会議が苦痛でしょうがないとおっしゃっていたものの、卒業時にはTOEIC®スコアが200点以上アップし念願の海外赴任を実現された方もいます。お祝いの連絡を差し上げたら、「松井さんのおかげよ」と言ってくださって、涙が出るほど嬉しかったのを鮮明に覚えています。今でもSNSでご活躍を拝見しています。

出張が多く超多忙な日々を送りながらも隙間時間の学習を重ねて、TOEIC®スコアが300点ほど上がった方もいます。卒業後には「来年からベトナムに移住できることになりました!」と海外に活躍の場を移すことを教えてくださいました。

また、海外出張の際に実感した英語力の伸びを嬉しそうにシェアしてくださった方もいます。「機内アナウンスが全部分かる! 現地の人とコミュニケーションが取れる! 外国が『理解出来る世界』になったと感じました。」と。その方から卒業時に頂戴した手作りのメッセージカードは私の宝物で、今も自室に飾って見るたびに元気をいただいています。こうして生徒さんと達成の喜びをダイレクトに共有できることは、パーソナルトレーナーとして働くうえで何事にも代え難い喜びでした。

——素敵なお話ですね。

【ENGLISH COMPANY】松井トレーナー MTG画像

——さて、松井トレーナーは現在コンテンツ開発に従事していらっしゃるとのことですが、具体的にはどんなことをなさっているのですか?

松井トレーナー:教材や映像コンテンツ、社内資料の作成を行なっています。毎日パソコンに向かって仕事をしていますが、常に受講生の英語力を上げるための最善の方法を考えながら作成に励んでいます。

——難しく感じることや、やりがいなどについて教えてください。

松井トレーナー:これまでなかったものを作ることに難しさとやりがいを感じます。弊社には大学受験予備校の部門もあるのですが、現在大学受験では、従来の読む、書くに加えて、話す、聞くということを重視した『英語4技能』というものが重視されています。それを受けて、私の所属するコンテンツ開発室では、認知文法を用いた文法問題集や解説集を開発しています。これは定まった型と訳を教えて問題を解くという従来の形式とは異なるアプローチです。新しい取り組みですから、効果的な出題方法や解説の仕方などには試行錯誤しています。認知文法に関する論文や学術書を読んだり、試験運用してみたりと研究を重ねる日々を送る中、自分の成長を感じています。

——今後の目標を教えてください。

松井トレーナー:英語力を上げるための最高のコンテンツを開発すること、そして作り続けることを目指しています。それらが日本の英語教育全体に浸透していき、「英語教育といえばこの教材」「私も学生時代この教材を使っていた!」と誰もが知っているコンテンツをここから発信できればと思います。

——それでは最後に、これからパーソナルトレーナーとして働いてみたいとお考えの方にメッセージをお願いします。

松井トレーナー:以前は、大学で学んだことを教育の場で実践できていないことに焦りや不安を感じることもありました。でも、ここでは学んだことを直接仕事に活かせています。英語を学習される方にとっての「最善」を存分に追求できることは、私にとって大きなしあわせであり、日々やりがいを感じています。
パーソナルトレーナーは、個々の生徒さんにとっての「最善」を提案できる仕事です。そこには、これまで身につけてきたことを形にできる喜びがあると感じています。

www.youtube.com

***

英語が好き、仕事が好き、という気持ちを力強く伝えてくださった松井トレーナー。そのお話ぶりからは、育児と仕事を両立しながら最高のコンテンツ開発を目指す、とても充実した毎日を送っている様子を感じました。

ENGLISH COMPANYでは、パーソナルトレーナーを募集しています。ご興味を持たれた方は、ENGLISH COMPANY 採用サイトで募集要項をご確認の上、お気軽にご応募ください。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら