「単語や構文はちゃんと覚えたはずなのに、長文はなぜか読めない……」

こういう人は、少なくないのではないでしょうか。

長めの文章を読むということは、単語や文法の知識は必須。
基礎となる部分がぐらついていたら、いつまで経っても読めるようになりません。

今回は、長文をもっと読めるようにするには、どんなことをすればいいのか、についてお話しします。

Startup Stock Photos

badge_columns_1001711基礎を固めるための「全訳照らし合わせ法」

長文が読めない人は、「基礎はできてるんだけど……」と思っていることが多いですが、実はまだ基礎がぐらついているということはよくあります。

単語帳に触れていても、それを文章の中で、即座に判別できるようにならなければいけません。
そのために私がやっていたのは、あえて辞書や単語を使わず、「全訳で意味を調べる」ということ。
長文を読もうという段階になったら、辞書や単語帳で意味を調べる頻度は減らしていきます。

では、そのポイントを2つ説明します。

社会人に最短距離の学習戦略を。わずか60日でTOEIC®300点アップの秘訣は、英語の「学び順」にあり。
人気記事

badge_columns_10017111.単語の意味が分からなくても、どんどん読み進めていく

長文を読んでいて、分からない単語があったら、マーカーで印をつけて、どんどん読み進めます。
そして、問題を解き終わったら、本文を全訳と照らし合わせて、分からなかった単語の意味を同定していきます。

これを3~5回繰り返すと、分からなかった単語の意味は自然と頭に入っていきます。

この方法のオススメしたい点は、2つ。

★辞書を引く手間が省ける
辞書を引く手間すらも、もったいないと思う方もいるでしょう。いろんな本を参照するのは面倒でもあります。

★文脈に即した意味を知ることができる
辞書を引いて、意味がいくつもあったら、

「本文中の意味は、この中のどれなんだろう……?」

と悩んでしまうことって、けっこうありますよね。

適切な意味を吟味することも確かに大切ですが、時間がもったいない、ということもあるでしょう。
それよりも、全訳でササッと意味を確認して、「その場面での意味」を知ったほうが、効率的です。

badge_columns_10017112.一語一語訳さない

さて、こうしてしっかりと単語を覚えても、それを駆使して丁寧に訳すのは、非効率です。

まずは無理やりにでも、「分からなくても先を読み進める」ということを徹底してください。
そのためにも、上でお話しした「マーカーで印だけつけておいて、読み進める」方法は有効です。

大丈夫、分からない文章があっても、読み進めるうちに全体像は見えてきます。

そもそも、「長文を読む」ということと「すべて翻訳する」ということは少し違う作業です。まずは「長文を読む」ということに集中しましょう。

もちろん、一語一語翻訳することが重要になることもあります。でもそれはそれ。別の機会で訓練するとして、今回は「長文を読む。できるだけ素早く。」ということに集中しましょう。

reading-english

badge_columns_1001711+α:パラグラフを意識する

「読み進めるうちに全体像が見えてくる」
と言いましたが、各パラグラフの流れが分かると、もっと全体像は見えやすくなります。

これがいわゆる「パラグラフリーディング」。

「この段落は筆者の主張が書いてあるな」
「ということは、次以降のパラグラフでは、主張の具体例が出てきたりするだろうな」

ということを意識して、“in fact”や“though”といった「ディスコースマーカー」に印をつけて読んでいくとよいです。

パラグラフリーディングに関する参考書は、本屋に行けばたくさんあります。
面倒なら、ネットで「パラグラフリーディング 方法」とググれば、情報はいくらでも出てきます。

***
いかがでしょうか?
今回ご紹介したのは、長文読解の苦手意識を減らすための、いわば「入口」です。

今回ご紹介した方法を少しでも活用して、英語への苦手意識を減らしていただければ、幸いです。


東京大学文科二類所属。明星高等学校卒業。東京でも大阪弁を貫く決意で日々を送っている。現在は、有名フリーペーパー制作にかかわり、多くの企業の協賛を獲得している。