スマホひとつでできる。スマートで正しい英文を書く方法。

英文を書くときの大きな悩みのタネは、「英語でこんな表現あるのかな……」と迷うこと。 「単語と単語のつながり」を「コロケーション」といいますが、「このような表現は英語にはない」と言われてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

では、これを防ぐためには、どうすればいいのでしょう。

コロケーションを調べる方法として一般的なのは、まず辞書をひくこと。 しかし、「イディオム」とまではいかないコロケーションは、普通の英和・和英辞典で詳しく書かれていることは多くありません。

今回は、こんなときに私が行っていた、「スマホ一つでできて、なおかつ確実性の高い方法」を紹介します。

 

smart

 

badge_Columns_100Googleは、辞書代わりにも使える

方法は、とても簡単です。

「Googleで調べたいフレーズを入力し、検索する」

たったこれだけ。簡単でしょ?

ですが、気をつけてほしいことが一つあります。 それは、フレーズを ” ” (引用符)で囲むことです。

これは「フレーズ検索」と呼ばれるもので、入力された語を、そのままの形で検索するための機能です。

badge_Columns_100実際にやってみよう

実際にやってみましょう。 「この工事現場ではヘルメット着用の義務がある。」という文章を英訳してみます。 これに対して、次のように英訳する人がいたとします。

You have a duty of wear of a helmet in this construction area.

たしかに、直訳すれば和文と同じになるため、一見よさそうにみえます。 では、”a duty of wear” で検索してみましょう。 すると、たった7件しかヒットしませんでした。(2014年11月14日現在) このことから、このようなコロケーションは存在しないに等しい、ということが分かります。 では、次のように訳し直してみましょう。

You must wear a helmet in this construction area.

どうですか? こっちの方が、文章もスッキリしていますよね。

 

 

badge_Columns_100単語の使い方を手軽に調べるには「画像検索」

実は、この英文、正しくないところがまだあります。 それを調べるのに使うのが、Googleの「画像検索」。

“helmet”を画像検索すると、「バイクに乗るときにかぶるヘルメット」もしくは「中世騎士がかぶる兜」のどちらかしか出てきません。 一方、“hard hat”と画像検索すると、「工事現場のヘルメット」ばかりがヒットします。 その結果、最終的な英文は、“You must wear a hard hat in this construction area.”となりました。 これならきっとだいじょうぶですね。

Googleは英語圏のサイトを直接検索してくれるので、生の英語の使われ方に触れることができます。 スマホがあればすぐにできるこの使い方、試してみてください。


東京大学文科二類所属。明星高等学校卒業。東京でも大阪弁を貫く決意で日々を送っている。現在は、有名フリーペーパー制作にかかわり、多くの企業の協賛を獲得している。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら