「十分」と「充分」に違いはある? 意味&使い分けを徹底解説!

「十分」と「充分」に違いはある?

「じゅうぶん」という言葉には、十分・充分と書き方がふたつありますよね。「どっちで書けばいいんだろう?」と、つい迷ってしまうものです。

この記事では、十分と充分の意味&使い分けを徹底的に解説していきます。最後まで読めば、自信をもって十分&充分を使いこなせますよ。

「十分」と「充分」の意味

まずは、十分と充分の意味を辞書で確認しましょう。結論から言うと、十分&充分に意味の違いはありません。辞書では完全な同義語として扱われています。

「十分」の意味

『広辞苑 第6版』(岩波書店)だと、十分は「物事が満ち足りて、不足・欠点のないさま」と定義されています。掲載されている例文は以下のとおりです。

  • 十分な供給
  • それだけあれば十分だ
  • 十分間に合っている など

別の辞書も見てみましょう。『精選版 日本国語大辞典』(小学館)では、「気持や気分が満ちたりて何ひとつ不足のないこと。物事が充実し、完全であること」。『広辞苑』とは表現が多少違うものの、ほぼ同じですね。

「充分」の意味

次に「充分」を見ていきましょう。

『広辞苑』で「充分」を引くと、「十分に同じ」としか書かれていません。つまり、十分と充分は完全な同義語として扱われているのです。『日本国語大辞典』でも同じで、十分と充分は区別されていません。

つまり、十分&充分は漢字が異なるだけで、意味の違いはまったくありません。「十分と充分のどちらを使うべきなんだろう?」と神経質になる必要はないのです。

「十分」と「充分」の意味は同じ。

「十分」と「充分」の使い分け

十分と充分は同じ意味だとわかりましたね。すると、十分・充分を使い分ける必要はないということなのでしょうか? 十分・充分の使い分けについて考えてみたいと思います。

原則的に「十分」

どちらの表記にするか迷ったら、「十分」が無難です。多くの辞書では「十分」が先に記載されており、充分はあくまで十分の別表記として扱われています。学校でも「十分」という表記を教わったはずです。

ちなみに、Googleで十分と充分をそれぞれ検索してみたところ、ヒット件数は以下のとおりでした。

十分:約10億1,000万件
充分:約3億9,600万件

十分のヒット件数は、充分の倍以上なのです。この事実からも、十分のほうが一般的だと考えられます。「どうしても充分にしたい」という特別な理由やこだわりがないかぎり、「十分」と書くのがおすすめです。

場合によって「充分」

基本的に「十分」と書くのがおすすめですが、以下のような場合なら「充分」が適しているかもしれません。

「10分」との混同を避ける

十分(じゅうぶん)と書いた場合、十分(じゅっぷん)と間違われてしまう恐れがあります。

十分時間がある。

この文だけでは、「時間はじゅうぶんにある」なのか「10分の時間がある」なのか判断できません。しかし、「充分時間がある」と書けば間違われないでしょう。

「十分に時間がある」と書いてもOKですが、時間に関する話題である以上、読み間違いの可能性はなくなりません。あなたも、「あれ、じゅうぶん? 10分?」と迷った経験があるのではないでしょうか。

「じゅっぷん」と読んでほしくないときは、「充分」と書くほうが親切ですね。

「充実」のニュアンスを強める

「充実した」「満たされた」というニュアンスを押し出したい場合も、「充分」表記が効果的です。以下の文を見比べてみてください。

  1. 十分に楽しんだ。
  2. 充分に楽しんだ。

充分には充実の「充」が含まれているぶん、満足感が伝わりやすいですね。同じく、

  • 充分に準備を重ねた。
  • 充分な予算を用意した。
  • 体調が充分に回復した。

のように、ポジティブさを強調したいなら「充分」のほうが適しています。ただし、あくまで印象の違いなので「十分」でもまったく問題ありません。

使い分けをめぐる俗説

一部のメディアやWebサイトは、十分と充分の違いを次のように説明しています。

  • 十分:客観的・物質的な満足感
  • 充分:主観的・精神的な満足感

あなたも見たことがあるかもしれませんね。しかし、これはあくまで俗説で、明確な根拠はありません

この記事で見たように、『広辞苑』など主な辞書は十分と充分を同義語としています。物質的な満足感を「充分」で、精神的な満足感を「十分」で表現してもOKなのです。

もちろん、「こういうときは十分より充分を使いたい!」とこだわってもいいのですが、その違いが相手に伝わるとは限らない、ということは覚えておいてください。

あえて「充分」を使うのは、10分と間違えてほしくないときと、満足感を強調したいとき。

十分・充分の類義語・丁寧語

十分&充分の意味と使い分け方がわかりましたね。最後に、十分・充分の言い換え表現をご紹介します。仕事でメールを書いたり文書を作成したりするときに使ってみてください。

申し分ない

成果や実績が十分である」ことを表現したいなら「申し分ない」という言葉が使えます。「この予算があれば十分です」を「この予算で申し分ございません」と言い換えると、より丁寧な印象を与えられますね。

ほかには、「遺憾なく」「余すところなく」も同じように使えます。

◆文例

  • この予算があれば十分です。
    →この予算で申し分ございません
  • 今回のプロジェクトでは、十分な結果を出すことができました。
    →今回のプロジェクトでは、遺憾なき結果を出すことができました。
  • 緊張しましたが、十分に力を発揮できました。
    →緊張しましたが、余すところなく力を発揮できました。

手抜かりない

準備や段取りが十分である」というときなら「手抜かりない」が使えます。「十分に準備を重ねました」を「手抜かりなく準備を重ねました」と言い換えれば、完璧さを強調できますね。

ほかには「遺漏(いろう)なく」なども同様に使える表現です。

◆文例

  • この3ヵ月にわたり、十分に準備を重ねて参りました。
    →この3ヵ月にわたり、手抜かりなく準備を重ねて参りました。
  • 十分に調査をしたのち、後日ご連絡させていただきます。
    遺漏なく調査をしたのち、後日ご連絡させていただきます。

十二分

「十分」を特に強調したいなら「十二分」が便利です。十二分は、『日本国語大辞典』で「程度を超えて多いこと。十分すぎるほどたっぷりであること。非常に満足すること」と定義されています。

十分よりさらに程度の大きいのが「十二分」なのです。「十二分に対策した」と言えば、「十分に対策した」よりもさらに緻密な印象を伝えられます。

◆文例

  • 再発を防ぐため、十分に予防対策をいたしました。
    →再発を防ぐため、十二分に予防対策をいたしました。

「十分と充分のどっちを使おうかな?」と迷ったら、ご紹介したように、いっそ別の表現を選んでみてはいかがでしょうか。

***
十分&充分について理解を深められたでしょうか。覚えておいてほしいポイントは、次のふたつです。

  1. 十分と充分の意味は、辞書的に同じである
  2. 「十分」と書くのが無難である

次に「じゅうぶん」という言葉に出会ったら、この記事の内容を思い出してみてください。

(参考)
コトバンク|十分
文化庁|語形の「ゆれ」の問題
コトバンク|申分
コトバンク|遺憾なく
コトバンク|余すところなく
コトバンク|手抜かり
コトバンク|遺漏
コトバンク|十二分

【ライタープロフィール】
佐藤舜
大学で哲学を専攻し、人文科学系の読書経験が豊富。特に心理学や脳科学分野での執筆を得意としており、200本以上の執筆実績をもつ。幅広いリサーチ経験から記憶術・文章術のノウハウを獲得。「読者の知的好奇心を刺激できるライター」をモットーに、教養を広げるよう努めている。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら