12球団でコスパ最強なのは「広島カープ」だった。逆にコスパが悪いのは……?

【グロービス知見録】プロ野球球団を効率性分析で考える01

日本の国民的スポーツのひとつ「野球」。テレビや球場でただ観戦するだけでなく、プロ野球球団を財務的な「効率性」の視点からちょっと分析してみませんか? 興味深いことがわかりますよ。

コスパ最強の球団はどこだ!?

ここでは、各球団の所属選手の年俸総額と、今期の勝利数とを比較してみます。球団が選手の年俸に1億円使うごとに何勝上げられたか、いわばコストパフォーマンスがよかったかどうかを見るのです。

【グロービス知見録】プロ野球球団を効率性分析で考える02

すると、2017年シーズン、最もコスパが良かったのはセ・リーグの覇者広島カープ。年俸総額16.9億円で88勝ですから、1億円かけるごとに5.2勝を稼いだことになります。

パ・リーグの覇者福岡ソフトバンクホークスは94勝を上げたのですが、総年俸も42.1億円と12球団トップのため、コスパの数値は2.2とさほど高くありません。

ちなみに、この数値が12球団で最も低い、いわばコスパが最も悪かったのは――恐らく大方の予想通り――読売ジャイアンツで、総年俸36.9億円に対し72勝、2.0でした。

企業の効率性を分析する際も、基本的にはこのような “発想” で計算を行います。すなわち、売上高など企業のアウトプットとなる数値と、それを生み出すために企業が有する資産の額とを比較するのです(※)。

※実際の会計上は、選手への報酬は損益計算書に計上され、貸借対照表上の「資産」には含まれませんが、ここでは選手を資産になぞらえました。

【動画で学ぶ】効率性分析とは?

たとえば売上高を総資産で割ったものを総資産回転率と呼びます。「回転」とは少し耳慣れない表現かもしれませんが、仮に1億円の資産を元手に1億円の売上を上げれば、それを1回転と数えます。

1億円の資産で3億円の売上ならば3回転、5千万円の売上ならば0.5回転という具合。この数値が大きければ効率が良い、小さければ悪いという判断になります。この要領で貸借対照表の各項目(たな卸資産や売上債権など)について回転率を計算することもできます。

企業の回転率は、その企業の業種特性や経営戦略によって変わってきます。たとえば製鉄業など重厚長大型の企業と食品スーパーとでは、総資産回転率を同列に比較する意味はほとんどないでしょう。

一方、同じ食品スーパーなのにA社とB社では総資産回転率が目立って違う、あるいはA社の今期のたな卸資産回転率が昨期から目立って悪化したということですと、「どうしてこの差が生じたのか?」とさらに細かく分析してみる必要がありそうです。

効率性という観点から企業の財務成績に着目すると、面白い分析ができそうですね。

※記事初出日:2017年10年27日

文 / 大島一樹(書籍・GLOBIS知見録編集部 研究員)

■ビジネスナレッジを基礎から応用まで学べるグロービスの動画学習サービス「グロービス学び放題」はこちら
https://hodai.globis.co.jp/

【ライタープロフィール】
GLOBIS知見録
国内最大ビジネススクールの学びが満載、ビジネスを面白くするナレッジライブラリです。マネジメントやリーダーシップに関する動画やコラム、最新テクノロジーに関する情報などを毎日お届けしています。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら