• ALL
  • study hacker
  • for Students

インタビュー

(46〜60 / 113

賢く学ぶことは、自身の可能性を広げること。合理的でスマートな方法で学びをハックする「スタディーハッカー」たちへのインタビュー記事です。

優れたリーダーになるために「今日からすぐにできる」こと【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part3】

リーダーになる日は、いくら願っても急にはやって来ません。優れたリーダーたちは、リーダーになるずっと以前から、自分ができるベストな行動をコツコツと積み重ねてきた人たちなのです。今回は、東レ時代に同期最年...

良きリーダーは「世のため人のため」に働く【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part2】

将来に良きリーダーとなるためには、やはり良きリーダーに多くを学ぶことが必要です。東レ時代に3代の社長に仕え、自身も東レ経営研究所社長としての職務を経験した佐々木常夫さんに、理想のリーダー像や、良きリー...

「良い習慣」は才能を超える! 謙虚に学びハードに働く【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part1】

優れたリーダーたちは、リーダーになる前の若いころにどのような姿勢で毎日の仕事に取り組み、いかなる方法で周囲から認められる成果を挙げてきたのでしょうか。 東レ株式会社取締役および株式会社東レ経営研...

右手で売れるものをつくり、左手で売りたいものをつくる【株式会社KADOKAWA 文芸局 角川新書編集長代理 菊地悟「ヒットメーカーの思考」part3】

時代の流れをつかんで企画を生み出し、優れた商品をつくり出したとしても、それが多くの人に支持されて売れなければ、当然ながらヒット商品にはなりません。これからの時代には、企画力や制作力だけでなく、商品を「...

多くの人が求めるのは、「気持ち」に寄り添ってくれる商品【株式会社KADOKAWA 文芸局 角川新書編集長代理 菊地悟「ヒットメーカーの思考」part2】

ヒット商品をつくるためには、当然ながら企画やコンセプトを生み出すだけでは足りません。実際に、それを「商品」というかたちに変えなければならず、そこでは商品のつくり込みから現場スタッフとのコミュニケーショ...

時代の風潮に「カウンター」となる企画で世に一石を投じる【株式会社KADOKAWA 文芸局 角川新書編集長代理 菊地悟「ヒットメーカーの思考」part1】

「もっとたくさん自社の商品を売りたい」「ヒットする企画を生み出したい」。これは多くのビジネスパーソンに共通する思いであり、また大きな課題でもあるのではないでしょうか。一方で、世の中には時代の「流れ」を...

「言葉を知らない」では深い思考ができぬ。語彙力を伸ばす大切な習慣――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第4回】

文章を書くうえで、そして人とコミュニケーションを取るうえで、必要とされるスキルが「語彙力」です。当然、語彙を知っているに越したことはなさそうですが……具体的にどう役立つのでしょうか? 伝える力【...

「とにかく書きまくる」はNG!? 効率的に文章力を伸ばすための4つのヒント――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第3回】

「文章は書けばうまくなる」 どこかでこう伝え聞き、文章力アップのためにとにかく量をこなし続けている人もいるかもしれません。でも、この方法では文章力は思うように伸びていかないと、“文章術のプロ” 山口...

あなたはどちらのタイプ? 「文章が苦手」2つのタイプの原因と克服法――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第2回】

「文章を書くのが苦手……」 多くの人が抱いている悩みですが、その原因はいったいどこにあるのでしょうか? 伝える力【話す・書く】研究所所長、“文章術のプロ” 山口拓朗さんへの全4回にわたるインタ...

書けなければ何も始まらない。「文章力の重要性」と「文章の難しさ」をプロが語る――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第1回】

普段から使っているビジネスメールに始まり、社内コミュニケーションのためのチャット、上司への報告書、クライアントへの企画書、プレゼン資料など……。私たち社会人は、“文章を書くこと” から逃れられない世界...