「生物」分野の教科書事項をイチからていねいに解説!

教科書を読んでもよくわからない。生物においてそんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが『大学入試 山川喜輝の 生物が面白いほどわかる本』です。今まさに学校で生物を習っている真っ最中だという人は、授業と並行して内容理解を補いましょう。一通り学習を終えた人であれば、苦手な分野を復習したり、わからないところが出てきたときに辞書代わりに使用するのがいいでしょう。受験直前まで手放せない1冊です。本番までに苦手な分野を無くしていきましょう。
ただし、本書の扱っている範囲は生物基礎・生物のうちの「生物」のみとなります。生物基礎については類書の『大学入試 山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本』を利用する必要があることについては注意をしてください。

教科書の内容を徹底的に解説

教科書を解説する参考書をモットーに、教科書にある知識の背景や、用語の説明にとどまりやすい教科書の行間を埋め、一つ一つの知識を納得できる形で理解できるようになっています。そのため自学自習でもわからないところを解決できるようになっています。単なる重要語句の暗記ではなく、生命現象の理解を助け、覚えやすく忘れにくいようになっているのもポイントです。闇雲に覚えるのではなく理解するということが身に着きます。

「分からないところが分からない」状態からの大逆転! 筑波大医学部合格をつかんだパーソナルトレーナーとの1年間
人気記事

教科書の内容を完全網羅

実は教科書に掲載される内容って出版社(著者)によって微妙に異なっていることをご存知ですか? Aという教科書には載っているものがBという教科書には載っていないということが起こりえます。発展的内容だけでなく、本文や太字の内容についても同様です。しかし、入試は教科書から出題されるもの。自分の教科書には載っていなかったからという理由で点数の差が開いてしまってはもったいないですよね。
本書では現行のすべての教科書の最小公倍数的な参考書を目指し、すべての教科書の大部分を網羅しました。つまり大学入試に出ることはすべて記されていると言えます。この本1冊でセンター試験はもちろん、難関大入試の入試問題にまで対応できる知識を身に着けることができるのです。

資料集ともなる豊富な図表

文章だけではイメージしにくい内容も、視覚的に捉えると理解しやすくなります。特に複雑な生命現象を文章だけイメージするは非常に困難。そのため、イラストや写真が豊富な資料集は生物を勉強するうえで欠かせません。この参考書では視覚的情報を補う図を多用し、資料集としての役目も果たしています。また、生命現象をマンガやイラストでわかりやすく説明することで、記憶に残りやすくなる工夫が施されています。文章だけでなく、イラストが挟まれていることで、楽しく勉強も進みます。

授業と並行して「わからない」を無くそう

冒頭にも紹介したように、授業と並行しながら、あるいは問題演習に取り組みながら、必要な範囲を復習するのに役立てましょう。上述したとおり、注意すべき点は生物基礎の範囲はカバーされていないこと。同シリーズの生物基礎をセットで使うのがいいでしょう。2冊で1000ページ近い膨大なページ数になるので、まとめて一気にやるのはおすすめできません。全体をおさらいしたい時も、時間はかかるけれども各項目ごとに丁寧に進めていきましょう。逆に言えば、受験直前期に新しくはじめるのであれば、要点を押さえた薄い参考書の方がいいです。問題演習は別に行う必要がある点も念頭に置いておきましょう。得意な人であれば、はじめから読んでいくのではなく、問題演習をしながらわからないポイントをおさらいするのに利用すると効率的に学習できます。