adobestock_60326850
2018年大学入試の募集要項も全て公開されましたね。志望校の入試の詳細を見て、英語4技能試験を利用できる機会がたくさんあることに驚いた受験生もいるのではないでしょうか?

募集要項の中には、複数の英語4技能試験が並んで記載されていることも多いもの。英検・TEAP・GTEC・TOEFL・IELTS・ケンブリッジ英検……。大学入試で活用できる英語4技能試験にはいろいろな種類があり、それぞれ受験形式や出題傾向が異なりますが、実際どの試験が一番役に立つのでしょうか?

今回は、英語4技能試験の中で一番多くの大学で使える試験と求められるレベルをご紹介します。また、一般入試で英語4技能試験の利用がはじまって4年目となる2018年のトレンドを、データを元にお話しします。全高校生必見ですよ。

看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. 2018年大学入試では、英語4技能試験の優遇が急増!

2018年度大学入試(一般入試、推薦・AO)における英語4技能試験の優遇について、全大学の入試要項の分析を行った旺文社教育情報センターの発表によると、2018年の入試では、2017年と比べると、一般入試で英語4技能試験を利用できる大学が4割も増えているそう。

一般入試では、日本の全大学(762校)の約20%にあたる152大学で英語4技能試験が優遇されています。特に私立大学で、新しく英語4技能試験の利用を始めた大学が多い様子。また、大規模の大学だけでなく、小・中規模の大学にも利用は広がっています。

推薦・AO入試で利用する大学はさらに多く、335大学と、全大学の44%を占めます。一般入試と推薦・AO入試を合わせると、全大学の半数が英語4技能試験を利用した入試を実施していることになります。

2. 一番多くの大学で使える英語4技能試験

旺文社教育情報センターによると、一番多くの大学で採用されている英語4技能試験は英検! 一般入試、推薦・AO入試の両方で、英検が最も多く採用されています。2番目に役に立つ英語4技能試験はTOEFL iBTTOEICです。

一般入試では、他の英語4技能試験の採用率も上がってきています。以下、ランキング形式で採用されている大学の多い試験をご紹介します。パーセンテージは、なにかしらの英語4技能試験を採用している大学で左に記載されている試験が優遇される割合を示しています。

◆一般入試
【1位】英検(94%)
【2位】TOEFL iBT / GTEC CBT(82%)
【3位】TEAP(80%)
【4位】TOEIC / IELTS(75%)
【5位】GTEC(37%)
【6位】ケンブリッジ英検(31%)

◆推薦・AO入試
【1位】英検(97%)
【2位】TOEIC(84%)
【3位】TOEFL iBT(78%)
【4位】GTEC(55%)
【5位】IELTS(52%)
【6位】GTEC CBT(51%)
【7位】TEAP(41%)
【8位】ケンブリッジ英検(28%)

(引用元:旺文社|大学入試での「英語の検定利用」入試改革を見据えて実施大学が急増!採用率は「英検」が依然圧倒的、レベルは「準2~準1級」!

一般入試でも推薦・AO入試でも、8割の大学でTOEFL iBTを利用できます。次いでTOEICもほぼ同じ結果に。入試全体で見ると、一番使える英語4技能試験は英検、そしてTOEFL iBT、TOEICだといえるでしょう。一般入試ならTEAPやGTEC CBTも便利です。

3. 求められる英語レベル

最も採用大学の多い英検ですが、何級を持っていれば優遇されるのでしょうか。大学入試で基準となるのは、準2級~2級レベルが多いようです。特に一般入試なら英検2級、推薦・AOでは英検準2級と、一般入試のほうがやや高いレベルを求められると旺文社教育情報センターは発表しています。

4. 難関大学・人気大学で使える英語4技能試験

全大学の半数が英語4技能試験を利用した入試を実施していると上記で述べましたが、難関大学や人気のある大学ではその割合はさらに増えます。

早慶上智やGMARCH、関関同立をはじめとした難関大学のほとんどが英語4技能試験を採用。さらに、受験者数が多い人気大学トップ30の8割以上が英語4技能試験を優遇しています。

どの試験が一番役立つかは、あなたの志望校のレベルによっても変わってくるもの。例えば、TOEFLやIELTSは難関大学でより多く採用されている傾向にあります。以下、各大学グループで優遇される英語4技能試験を見ていきましょう。

◆関東
【早慶上智】英語4技能試験を利用できる大学まとめ
【GMARCH】一般入試・センター利用で英語4技能試験を利用できる大学まとめ
【日東駒専】一般入試・センター利用で英語4技能試験を利用できる大学まとめ

◆関西
【関関同立】一般入試・センター利用で英語4技能試験を利用できる大学まとめ
【産近甲龍】センター利用入試で英語4技能試験を利用できる大学まとめ

◆全国
【医学部医学科】英語4技能試験を利用できる大学まとめ

adobestock_57733888

5. 難関大学・人気大学の一般入試で必要な英語レベル

難関大学や人気大学の入試において求められる英語4技能試験のレベルをご存じですか? 例えば英検ならば、上記の通り全大学でみると準2~2級が多く優遇されますが、難関大学では異なります。以下、難関大学や人気大学の一般入試で優遇される各英語4技能試験のスコア・級を、一般試験における採用率が高い順にご紹介します。

◆英検(1位)
【人気大学30×英検】英検が優遇される大学まとめ

◆TOEFL iBT(2位)
【人気大学30×TOEFL iBT】TOEFLが優遇される大学まとめ

◆GTEC CBT(2位)
【人気大学30×GTEC】GTEC CBTが優遇される大学まとめ

◆TEAP(3位)
【人気大学30×TEAP×4技能】TEAP(R/L+W+S)が優遇される大学まとめ

◆TOEIC(4位)
【人気大学30×TOEIC×4技能】TOEIC L&R, S&Wが優遇される大学まとめ
【人気大学30×TOEIC×2技能】TOEIC L&Rが優遇される大学まとめ

◆IELTS(4位)
【人気大学30×IELTS】IELTSが優遇される大学まとめ

◆GTEC(5位)

◆ケンブリッジ英検(6位)
【人気大学30×ケンブリッジ英検】ケンブリッジ英検が優遇される大学まとめ

6. 英語4技能試験の勉強法

英語4技能試験の中でも利用大学ダントツ1位の英検で、多くの大学が優遇している準2級と2級の効果的な勉強法をご紹介します。その他の英語4技能試験の勉強法はこちらから見ることができますよ。参考にしてくださいね。

◆英検準2級
リーディング攻略法
リスニング攻略法
スピーキング(面接)攻略法
ライティング攻略法
単語・熟語・文法攻略法

◆英検2級
リーディング攻略法
リスニング攻略法
スピーキング(面接)攻略法
ライティング攻略法
英単語・英熟語攻略法

7. まとめ

せっかく英語4技能試験を受験するなら、多くの大学で利用できる試験を選びたいもの。例えば英検なら、一度合格できれば、複数の受験大学の入試に使い回しすることもできます。

志望校のレベルや、AO入試・推薦入試・一般入試のどれを目指すかによっても、最適な英語4技能試験は変わってくるもの。今回ご紹介した情報を活用して、大学入試で英語4技能試験による優遇を最大限受けられるよう、準備を進めてくださいね。

(参考)
旺文社|大学入試での「英語の検定利用」入試改革を見据えて実施大学が急増!採用率は「英検」が依然圧倒的、レベルは「準2~準1級」!