adobestock_164353667

英単語、英熟語、日本史、世界史……。
受験単語の暗記は量が膨大で大変ですよね。「どんなにたくさん勉強しても忘れてしまう」、「自分にあった暗記勉強法をなかなか見つけられない」と悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが「ライトナーシステム」という暗記法です。

あまり耳慣れない暗記法かもしれませんが、方法はいたってシンプル。このライトナーシステムをマスターすれば、時間を無駄にすることなく、効率的に暗記することができますよ。

暗記はなぜ難しい?

そもそもなぜ、たくさん勉強したつもりでも忘れてしまうのでしょうか。

その理由は人間の脳の仕組みにあります。

エビングハウスの忘却曲線」を聞いたことはあるでしょうか。ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスの行った実験によると、人は覚えた内容を20分後には42%1時間後には56%1日後には74%1週間後には77%1カ月後には79%を忘れてしまうのだそう。

どんなにしっかりと覚えたつもりでも、多くの場合段階を踏んで少しずつ忘れられてしまうのですね。

だからこそ、暗記勉強は長期的な復習が必要ということになります。しかし、受験までの時間は限られているため、あまり暗記にばかり時間をかけてもいられませんよね。

そこで、時間を有効に使って復習することができる「ライトナーシステム」が受験勉強には最適なのです。

adobestock_118022449

「分からないところが分からない」状態からの大逆転! 筑波大医学部合格をつかんだパーソナルトレーナーとの1年間
人気記事

ライトナーシステムとは

ライトナーシステムとは、先ほどの「エビングハウスの忘却曲線」を元に、ドイツの科学記者であるSebastian Leitner氏が開発した単語を効率よく覚えるための暗記法です。

学習から復習までの感覚を徐々に伸ばしていくことによって学習効果を上げる「間隔反復」という原理を用いており、方法は次の通りです。

1. 5つの箱を用意し、箱にそれぞれ1~5の番号を振ります。覚えたい単語を書いたカードをすべて1の箱に入れます。

2. 何度か単語チェックをしましょう。正しく答えられた単語は入っていた箱の数字より1つ大きい数字の箱に移します。一度でも間違えた単語はどこの箱に入っていようと1の箱に戻します。

3. 一通りカードを割り振ったら、次の日から復習を行うのですが、ここからが重要。箱の数字によって復習頻度を変えるのです。具体的には「1の箱は毎日、2の箱は1日おき、3の箱は3日おき、4の箱は7日おき、5の箱は15日おき」に復習を行うと良いのだそう。

このように、覚えにくい単語に時間を割いて重点的に復習を行うことができるため、時間の無駄がなく、効率よく暗記勉強をすることが可能なのです。

***
海外のものなので設定言語が英語になりますが、Leitner flashcard systemというライトナーシステムを利用したアプリもあります。勉強時間を抑えられて、科学的メソッドに基づいたライトナーシステム。自分にあった方法で受験勉強に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(参考)
STUDY HACKER|学習効率を上げたいあなたへ。本当に効果のある “科学的な勉強方法” 4選
Wikipedia|Leitner system
Wikipedia|忘却曲線