コールドブリュー

コールドブリューとはアメリカ発祥の新たなコーヒートレンド

・ コールドブリューとは、水出しで淹れるコーヒーを意味し、アメリカ発祥の新しいコーヒートレンドとして注目されている。近年、ポートランド、サンフランシスコ、ニューヨークなどで注目され始め、2015年にブレイク。その背景には、2015年3月末にスターバックスコーヒーがニューヨークでコールドブリューコーヒー発売し、知名度が急上昇したことがある。コールドブリューコーヒー人気があり、午前中で売り切れる店もあるという。

・ アメリカでは、コーヒー専門店などがコールドブリューコーヒーを次々発売している。瓶入りスタイルが多いことが特徴的で、カフェやスーパーマーケットなど多くの店で売られている。ブラックだけでなく、クリーム入りや甘いものなど、味は様々。サードウェーブコーヒーで有名なブルーボトルコーヒーも、コールドブリューの缶コーヒーを発売している。

日本にとっては古くて新しいコーヒートレンド

・ アメリカから伝来してくるコーヒートレンドとしては新しいものだが、日本にはもともと水出しコーヒー(ダッチコーヒー)があり、コールドブリューとは呼ばずとも、水出しコーヒーを提供する喫茶店は以前から存在する(逆にアメリカでは、約10年前までアイスコーヒーを飲む習慣がなかった)。しかし2015年頃からコールドブリューコーヒーが注目され始めたのを受け、国内でもサードウェーブコーヒーに次ぐ新たな流行となることが予想されている。

・ コールドブリューコーヒーは、そうした従来の水出しコーヒーを提供している喫茶店で楽しめる。また、昨今の注目を受けてコールドブリューコーヒーを新たにラインナップに加えているカフェも増えている。2016年春には、ジョージアが本場の瓶入りスタイルを模したボトル入りのコールドブリューコーヒーを発売することを発表するなど、缶コーヒー業界での新商品の登場も見られる。

コールドブリューコーヒーの淹れ方

・ コールドブリューコーヒーは、お湯ではなく、水で2時間~20時間ほどかけて抽出する。(短時間で抽出する器具も開発され、発売が予定されているというが、かなり高価になるとみられる)

・ 家庭でコールドブリューコーヒーを淹れるのに特別な器具は必要ない。容器に水を入れて、挽いたコーヒー豆を入れたペーパーバッグを浸し、冷蔵庫に放置しておくだけで完成する。より機能的な専用抽出器具も発売されているので、好みに応じてこだわることもできる。

コールドブリューコーヒーの味の特徴、アイスコーヒーとの違い

・ コールドブリューコーヒーの特徴は、酸味や渋みが少なくまろやかですっきりした味わい。香り高くなり、フルーティな味にもなる。

・ 従来のアイスコーヒーとの決定的な違いは、淹れ方。従来のアイスコーヒーは、熱湯で短時間で淹れたコーヒーを冷ましたり氷の中に注いで希釈したりして作られる。淹れ方の違いから味わいなどにも以下のような違いが出る。

コールドブリューコーヒーの特徴

-味がとてもやわらかく奥ゆかしい独特の風味をもっている。 -コーヒー豆の産地とは関係なく、ナッツ類やチョコレート系の味のプロフィールを出すことができる。 -酸度が低く、胃への刺激も少ない。 -そのまま飲むだけでなく、お好みにより水やお湯、牛乳や砂糖あるいはアイスクリームと一緒に等、アレンジが可能。 -人によっては退屈な味に感じることがある。 -牛乳や砂糖との相性が最も良い。

(抜粋して引用:COFFEE TV|アイスコーヒーVSコールドブリュー その違いとは?

アイスコーヒーの特徴

-明るく明確で多様な味を引き出すことができると同時に、失われやすいアロマが保たれる。これがコールドブリューよりも日本式アイスコーヒーが多く作られる理由でもある。 -牛乳やアイスクリームとはあまり合わず、ブラックコーヒーで飲むのが良い。 -酸度が高く、複合的な味がするため、全ての人に好かれるわけではない。

(抜粋して引用:同上)

・ コールドブリューコーヒーは抽出後の長期保存が可能である(冷蔵庫で2週間)のに対して、熱湯から作るアイスコーヒーは長く放置すると味が変化するため、できるだけすぐに飲むほうが美味しく飲める。

・ 熱湯を使わず水から淹れるコールドブリューコーヒーは、栄養的に見て、ダイエット効果が期待される。

コーヒーにはカフェインのほかにクロロゲン酸という成分が含まれており、このクロロゲン酸は脂肪の分解を促進する働きを持っていると言われています。また、カフェインは老廃物を排出する働きから、むくみの解消や血行促進にも期待できます。 しかし、このクロロゲン酸、実は熱に弱いという性質を持っているのです。

(引用元:美BEAUTE|NYで話題の「コールドブリューコーヒー」でダイエットしよう

(参考) ANGIE|「コールドブリュー」から拡大するNEXTコーヒーブーム Noren Portland|今年のコーヒーはコールドブリューがブーム? Stumptown Coffee 「Cold Brew」をためしてみる 日本コカ・コーラ株式会社|ニュースリリース コーヒーの新しい波がきた!ジョージア コールドブリューブラック/カフェラテ 新発売! 美BEAUTE|NYで話題の「コールドブリューコーヒー」でダイエットしよう 寝る前にコーヒーの話をしませんか?|Cold Bruerの登場によって今年は家庭で「コールドブリュー」が流行る!? アイスコーヒーとは何が違うの? 日経トレンディネット|米国発の新たなコーヒー文化は「コールドブリュー」!? merci parBONNE|コーヒー嫌いも病みつきに?!NYで話題の「コールドブリューコーヒー」が美味しすぎる♡ COFFEE TV|12時間を12分に短縮!【コールドブリューコーヒー最速製造マシンPique】 COFFEE TV|アイスコーヒーVSコールドブリュー その違いとは? グノシー|「ブルーボトルコーヒー」から缶コーヒー『コールドブリュー』がついに発売決定 videlicio.us|NY現地レポート!スタバでも売り切れ続出な夏にピッタリなコールドブリューコーヒー

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら