クラフトジン

クラフトジンとは

・ クラフトジンとは、原料や製法にこだわり、手作りで少量生産されたジン。大量生産のジンにはない個性を楽しめるとして人気がある。近年、欧米で好評だったクラフトジンが日本でも知られるようになり、国産のクラフトジンも誕生。Amazonではクラフトジンの特集ページが公開されている。

・ ジンとは、大麦などの穀物を蒸留し、ジュニパーベリーというスパイスで香りづけした酒。シナモンやオレンジなど、ボタニカルと呼ばれるさまざまな植物を使用することにより、クラフトジンの個性が生まれる。

人気のクラフトジン

・ クラフトジン・ブームの火つけ役とみなされている醸造所が、英国の「シップスミス」だ。2009年にロンドンで創業して以来、「シップスミス」のクラフトジンは欧州で爆発的に売れ、英国内ではクラフトジン専門の小規模醸造所が次々に現れたという。同醸造所の「ロンドンドライジン」には、世界中から集めたという10種類のボタニカルを使用。優れた蒸留酒を選ぶ「サンフランシスコ世界スピリッツ品評会」において2014年に金メダルを獲得したほか、複数の賞を受賞している。Amazonの酒類事業部でシニアバイヤーを務めている森川卓氏によれば、「すっきりとしていちばん飲みやすいので、ビギナーの方には絶対におすすめ」とのこと。

・ 日本でもクラフトジンが注目されるようになったきっかけのひとつが、日本初のクラフトジン蒸溜所「京都蒸溜所」によって2016年に「季の美(きのび)京都ドライジン」が発売されたことだ。米を蒸留したものをベースに、ユズや緑茶、ショウガなど、日本らしい11種のボタニカルを使用。英国の「国際ワイン・スピリッツ品評会」において、2017年度の「コンテンポラリージン」部門で金賞を受賞した。森川氏の言葉では、「なんと言っても飲みやすくて美味しい」「国産ジンのランキングでも不動の1位」。

クラフトジンの楽しみ方

・ 森川氏によると、クラフトジンの魅力とは「その土地の生産物を使うなど作り手のこだわりを反映した」個性を楽しめることだ。おすすめの飲み方は、ジンとトニックウォーターの比率を1対1で作った、濃厚なジントニック(1対3が一般的とされる)。飲みやすいだけでなく、「お洒落な雰囲気でいろんなジンを楽しめる」という。

・ 高級スーパーマーケット・成城石井の酒販課課長である星野鉄兵氏は、クラフトジンについて以下のように語った。

原材料にも縛りがなく味や香りの個性も豊かなので、味わったことのないものに出会えます。 また、それぞれお酒に作り手のストーリーがあるので、自分の家でこだわって飲むという楽しみ方にも向いています。パーティなどに持って行けば、お酒の説明などウンチクも含めて盛り上がると思います

(引用元:For M|「クラフトジン」を知ってるか?

(参考) The Kyoto Distillery|季の美 京都ドライジン 朝日新聞デジタル|クラフトジンが熱い 玉露・ユズ…ご当地素材で香味付け NIKKEI STYLE|クラフトジン百花絢爛 香りの自由度は無限大 For M|「クラフトジン」を知ってるか? Sipsmith|London Dry Gin

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら