デジタル暗黒時代

「デジタル暗黒時代」とは

・ 「デジタル暗黒時代」とは、デジタルによって構成されている情報が読み取れなくなり、後世の人々にとって過去を知るための資料が失われている状態。21世紀に入って以来、情報の多くがデジタル方式で保存されるようになった一方、将来的に21世紀が「デジタル暗黒時代」になりかねないという懸念が専門家たちから表明されている。

・ 世界史において、紀元前12~8世紀頃のギリシャは「暗黒時代」と呼ばれることがある。当時の様子が分かる文字資料がほぼ残っていないためだ。このことから、21世紀は後世の人々にとって「暗黒時代」となってしまうのでは、という懸念を表明する際に「デジタル暗黒時代」という言葉が使われている。

「デジタル暗黒時代」が訪れかねない理由

・ 2013年、公益社団法人・日本工学アカデミーは、「デジタルデータを超長期間、安定かつ安価に保管することを可能とする技術開発の必要性」を提言した。それによると、「妥当なコストで電子データ、デジタルデータを長期間安定に保存する手段」が現在なく、「将来保存したデータを読み出すことができ、そして読み出したデータの意味を理解できるという保障」もない。そのため、同アカデミーは「人類にとって貴重な情報の多くが消失する危機にさらされている」と警鐘を鳴らしている。

・ 国立国会図書館によって2003年にまとめられた「電子情報保存に関わる調査研究報告書」によると、紙の寿命は250~700年と長いため、情報の長期保存に適している一方、磁気ディスク・光ディスクの寿命はわずか20年。しかも、ディスクのようなデジタル媒体が存続したとしても、技術変化によって再生環境が失われるため、デジタル媒体は紙よりも情報損失のリスクが高いという。

「デジタル暗黒時代」への対策

・ 「インターネットの父」と呼ばれている米国のヴィントン・サーフ氏は、21世紀が「デジタル暗黒時代」となることを防ぐため、あらゆるソフトウェアとハードウェアをクラウドサーバー上に保存することを提唱している。それにより、技術変化が進んでも、過去のデータを再生できるようになるという。

・ 工学者の竹内健教授(中央大学)は、電機メーカーのパナソニックなどと共同で、デジタル情報を100年間以上保管できるシステムを開発している。将来的には1000年間デジタル情報を保管できる媒体を開発したいという。

(参考) 日本工学アカデミー|提言「デジタルデータを超長期間、安定かつ安価に保管することを可能とする技術開発の必要性」 国立国会図書館デジタルコレクション|電子情報保存に関わる調査研究報告書(平成15年3月) 朝日新聞デジタル|(科学の扉)「想定外」を考える 消えるデータ、失われる過去 短命のデジタル媒体、社会・文化引き継げず BBC News|Google's Vint Cerf warns of 'digital Dark Age' CREST|【竹内 健】デジタルデータの長期保管を実現する高信頼メモリシステム

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら