30代でリタイアし、余生を楽しむ「FIREムーブメント」とは?

「FIREムーブメント」とは? 30歳でリタイアという考え方

・ 「FIREムーブメント」とは、早期退職し、貯蓄を投資などで運用して残りの人生を暮らすことを目指す働き方の流行を指す。「FIRE」とは「Financial Independence, Retire Early (経済的に独立して早期退職)」の略称である。FIREムーブメントのきっかけは、Webサイトの『Mr. Money Mustache』であるといわれている。執筆者のPete Adeney氏はFIREを考案したのち実践し、30歳で仕事を早期退職した。それから13年の間、退職した際の貯金を投資して得られた利益で、生活をまかなえているそうだ。『Mr. Money Mustache』にはFIREを行う上での注意点や、事例研究などが掲載されており、FIREの教科書のようになっている。

・ FIREには「Lean FIRE」と「Fat FIRE」の2種類が存在する。両者の違いは生活費の予算の差によるものだ。物価の安い田舎へ転居するなど、極限まで節約して貯金することを「Lean FIRE」と呼ぶ。対して「Fat FIRE」は貯金と投資を重視するものの、犬を飼うなど、ある程度の贅沢(ぜいたく)を許容しながら貯金することを指す。

FIREムーブメントを牽引するミレニアル世代

・ FIREムーブメントの中心は20~30代のミレニアル世代である。ミレニアル世代向けの情報サイト『AMP』は、この流行がミレニアル世代の置かれてきた環境によるものだと考察している。ミレニアル世代は子供時代に世界金融危機などを経験し、常に経済的に厳しい状況に置かれてきた。そうした厳しい経済状況に加え、両親が労働で苦労している姿を目にしているため、仕事に負のイメージを抱いている場合が多い。その結果「収入や貯蓄は少ないが、早めにリタイアして伝統的な職場の呪縛から逃れたい」という思いをミレニアル世代は抱えており、この思いがFIREムーブメントに繋がっていると考察されている。

・ ニューヨーク・タイムズによれば、FIREムーブメントはハイテク業界の男性を中心に広がっているという。これはFIREを達成するにあたって、投資から得られる利益などを計算する必要があり、それらの計算を楽しめる人がハイテク業界の男性には多いからである。

「4%ルール」を守ってFIREムーブメントに乗ろう!

・ 先ほど紹介したPete Adeney氏は退職した時点の貯蓄額が60万ドル(約6,500万円)であれば、年間2万4,000ドル(約260万円)の生活費を、貯蓄を投資した利益(貯蓄額の4%)で賄えると試算した。(ドル→円換算は、2019年2月現在1ドル→109円で計算した)。Pete Adeney氏が行ったように、生活費の25倍にあたる額のお金を貯めてから退職することは「4%ルール」として、FIREを目指す人たちの指標となっている。ただし、この試算はアメリカで暮らすことを前提にしたものであり、日本でFIREを行う場合はこの数字が適切ではない可能性がある。

・ Fat FIREの代表者として、28歳にしてFIREを達成したJ.P. Livingston氏が知られる。Livingston氏はニューヨークで生活しながらFIREを達成した。現在は夫とともに年間6万7,000ドルで生活しているという。Livingston氏がFIREを達成するために実践したことは、まとめると以下の通りだ。

  1. 収入を上げる努力をする。 年収を増やすため、Livingston氏は数年間で昇進して約30%昇給するほど、仕事に打ち込んだという。また、学生ローンなどの借金は一切しなかったそうだ。代わりに、学費を削減するために、Livingston氏はハーバード大学を通常よりも1年早く卒業している。こうすることで1年分の学費という大きな出費を浮かせることができるのだ。

  2. 給料のほとんどを貯蓄する。 Livingston氏は節約を徹底し、収入の7割を貯蓄していたという。そのために「友達と会うときは、なるべくお金がかからない方法を提案する」「家具などはきれいなものを街角で拾う」といった方法をとっていたのだそうだ。

  3. 投資する。 Livingston氏によれば、貯蓄額が多くなってからは、貯蓄方法を工夫するよりも、投資を工夫したほうがよりお金を増やせるのだそうだ。例えば、貯蓄が400万円ある場合は、全額を投資し、利益率が10%ならば、新たに40万円が得られる。それに対し、1,000万円の貯蓄を全て投資する場合、もしも利益率が低く、5%だった場合でも50万円が得られる。このように、貯蓄額が増えれば、利益率が低くてもお金はより増えるのだ。さらに、投資を工夫して利益率が向上した場合は、より多くの利益を望める。つまり、15%という利益率を達成できるならば、150万円ものお金が得られるのだ。

(参考) Mr. Money Mustache CNN Money|She retired at 28 with $2.25 million The Guardian|Can anyone retire in their 30s? Meet the people who say yes The New York Times|How to Retire in Your 30s With $1 Million in the Bank BBC Capital|FIRE: The movement to live frugally and retire decades early Scholarships.com|Harvard University AMP|「就労から逃げ出すために」ミレニアル世代に支持されるこれからの新しい生き方「FIRE」とは?

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら