ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションの歴史と手法

・ ゲーミフィケーションとは、「ゲーム化(gamefy)」という単語から派生した言葉で、2003年に誕生した。2011年7月、アメリカの調査会社であるガートナーが以下のようなトレンドを発表した頃から、世界に広まった。

「2015年までにイノベーションを司る組織の半数以上が、そのプロセスにゲーム的な要素を取り入れ、2014年までにグローバル企業2000社のうち70%以上がマーケティングと顧客の維持のため、少なくともひとつ以上のゲーム化されたアプリケーションを持つ事になるだろう。」

(引用元:Salesforce Customer Success|社員を幸せにするゲーミフィケーション

・ ゲーミフィケーションの手法の根幹は、ゲームによって得られる「楽しい」「面白い」という感覚をサービスに盛り込むこと。例として次のようなものが挙げられ、近年のサービスにはソーシャルメディアが活用されている。

‐ サービスにログインすることでポイントがたまる。 ‐ 企画に参加するとポイントが獲得できる。 ‐ たまったポイントに応じてランクアップし、優待が得られる。 ‐ ユーザー同士でスコアを競い、上位になると特典が得られる。

・ ポイントプログラムなどの形式は、従来のサービスにも見られ、ゲームをサービスに活用するという概念自体は新しいものではない。しかし近年、技術の進歩や成功例の増加、ソーシャルメディア、ソーシャルゲームの発展などにより、ゲーミフィケーションへの注目度が増すこととなった。

サービスにおけるゲーミフィケーションの事例

・ Retty 人気の店ではなく、自分好みの飲食店を見つけられるグルメサービス。信頼できる人からの口コミ、自分の嗜好にあった人からの口コミを紹介する、というスタイルに重点を置いているサイト。

このRettyでクチコミを投稿してもらうために用いている「ゲーム的要素」は、「いいね」や「行きたい」という意思表示を受けられ、高評価を獲得しているユーザーを「この地域で〇番のユーザー」として紹介しているところです。 投稿者は「賛同」や「称号」欲しさに投稿してしまいます。

(引用元:GaiaX SocialMedia Lab.|ユーザーを掴んで離さない『コンテンツのゲーム化』!もう知らないでは済まされないゲーミフィケーション活用事例集

・ Webサイト「Psych」 アメリカのテレビドラマのオフィシャルサイト。

このサイトではゲームにチャレンジしてもらってポイントを付与したり、ランキングで競ったりするなどの手法を取り入れました。 その結果としてアクセス数が30%アップ、滞在時間も従来の2倍、またサイト内での物販も47%アップと、大きく成果を上げました。

(引用元:LISKUL|ゲーミフィケーションは終わらない!「ハマる」サイトを作るための10の手法

・ Class Dojo シリコンバレー発。教師向けの授業マネジメントサービス。

生徒の教室内や授業中の行動を一つひとつポイント化し(例:遅刻・私語はマイナス1点、積極的発言・チームワークはプラス1点)、それを教師と生徒、保護者との間で可視化、データ化して共有することにより、楽しみながら、かつわかりやすく理想的な行動パターンに誘導していく

(引用元:WIRED|学びの未来へソーシャルゲームが導く? 「教育のゲーミフィケーション」と注目のサーヴィス

企業、仕事におけるゲーミフィケーションの事例

・ 仕事にゲーム的な要素を取り入れて、社員のモチベーションをアップさせる取り組みは、以前からもされてきた。例えば、個々人の売り上げをグラフ化して競わせたり、表彰したりするようなもの。

・ しかし、サービスにおけるゲーミフィケーションがソーシャルメディアの発展に後押しされて広がってきたのと同様、企業においてもソーシャル性を活用したゲーミフィケーションの手法が取り入れられている。

‐ Facebook(アメリカ) 同社のSNSにおける、「いいね!」やコメントを社内でも活用したもの。

上司からのコーチングといったフィードバック機能はもちろんのこと、功績に応じてバッジやポイントが贈られる制度もあり、社員のモチベーション向上に一役買っている

(引用元:キャリアコンパス|なぜか社員が仕事に夢中になる、“ゲーミフィケーション”の秘密

‐ モスフードサービス 社内SNSを導入し、店舗・本社間のアイデア共有を活性化させた。

「未来のモス」の店舗やメニューのアイデアを募るコンテストを実施したり、SNS参加状況に応じたポイントを記念品と交換するなど、社員の会社に対する関心を引きつけるための企画を実践している

(引用元:同上)

(参考) SMMLab|「ゲーミフィケーション」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい! Wikipedia|ゲーミフィケーション GaiaX SocialMedia Lab.|ユーザーを掴んで離さない『コンテンツのゲーム化』!もう知らないでは済まされないゲーミフィケーション活用事例集 LISKUL|ゲーミフィケーションは終わらない!「ハマる」サイトを作るための10の手法 IT用語辞典バイナリ|ゲーミフィケーション WIRED|学びの未来へソーシャルゲームが導く? 「教育のゲーミフィケーション」と注目のサーヴィス Salesforce Customer Success|社員を幸せにするゲーミフィケーション キャリアコンパス|なぜか社員が仕事に夢中になる、“ゲーミフィケーション”の秘密

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら