「義理チョコをやめよう」とは

・ 「義理チョコをやめよう」とは、2018年2月1日の日本経済新聞朝刊に掲載された、ベルギー発祥のチョコレートメーカー・ゴディバによる意見広告。「日本は、義理チョコをやめよう。」という大見出しの下に、ゴディバジャパン株式会社の代表取締役社長ジェローム・シュシャン氏の名前で「義理チョコはないほうがいい」などの主張がなされた。この広告はインターネット上で話題になり、多くの人がソーシャルメディアを介して意見を述べている。

・ 広告内では、職場で同僚や上司に義理チョコを渡す習慣は「気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい」という理由で、バレンタインデーを嫌っている女性がいると紹介される。そして、以下のように主張が展開される。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。
いや、この時代、ないほうがいい。(中略)
そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。
だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

(引用元:withnews|ゴディバ「義理チョコをやめよう」 日経新聞に広告載せた理由を聞く

・ 多数のメディアから「義理チョコをやめよう」について取材を受けたシュシャン氏によると、同氏はバレンタインデーの主役を「もらう人」ではなく「あげる人」だと考えているのだという。そのため、義理チョコを楽しんで配っている人を否定する意図はなく、そのような顧客のための商品開発を続けていく。日本経済新聞のみに広告を掲載したのは、「企業のトップマネジメント」に向けたためとのことだ。

「義理チョコをやめよう」に対して好意的な意見

・ ソーシャルメディア上では、「義理チョコをやめよう」に対して好意的な反応を示す人が多い。Yahoo!ニュースで配信された記事「『義理チョコをやめよう』ゴディバの新聞広告に賛否の声 狙いは?」には4,000件以上ものコメントが寄せられ、義理チョコを渡す習慣について女性側から「お歳暮的な感じが嫌」「もらった男性陣に、お返しの気を遣わせるのがいや」などの意見が挙がった。

・ また、義理チョコを渡されることについて「貰っちゃったら返さないといけない」「甘いもの、そんなに好きじゃないのに一律的に配られて、それだけでもモヤっとするのに、ホワイトデーのお返しありき」など、精神的・金銭的負担がわずらわしいと述べる男性も多かった。さらに、夫が会社で受け取る義理チョコへのお返しを買ってこなければならないとして、義理チョコの授受に反対を表明する女性もいた。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

「義理チョコをやめよう」に対して懐疑的な意見

・ 一方、「義理チョコをやめよう」という広告に対して懐疑的な視線を送る人もいる。Twitter上には、ゴディバは義理チョコではなくいわゆる「本命チョコ」であるとして、低価格のチョコレートを製造している他社への攻撃だととらえる人が複数現れた。「ゴディバは『本命用』だからこその発言」と見る人は少なくない模様だ。

・ また、ゴディバが「義理チョコをやめよう」の広告を打ち出した意図は、女性側が義理チョコの購入をやめることによって浮いたお金で、自身のためにゴディバの高級なチョコレートを買うよう仕向けることだと推測する人もいた。さらに、ゴディバがバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣自体を否定しなかったことに不満を持つ人も見られた。

(参考)
J-CASTニュース|ゴディバ「義理チョコやめよう」広告に込めた想いは? 会社に聞くと「熱い」答えが…
withnews|ゴディバ「義理チョコをやめよう」 日経新聞に広告載せた理由を聞く
ホウドウキョク|日本は義理チョコをやめよう!「ゴディバ」がバレンタインデーに物申す?
Yahoo!ニュース|「義理チョコをやめよう」ゴディバの新聞広告に賛否の声 狙いは?
Twitter|義理チョコをやめよう