Google Daydream

Google Daydreamとは

・ Googleが提供するDaydreamとは、AndroidスマートフォンでVR(バーチャルリアリティ)を実現するプラットフォームのこと。2016年5月に開催されたGoogleの開発者会議「Google I/O 2016」で発表された。

・ Daydreamは、特定のハードウェアやアプリケーションを指すのではなく、GoogleがAndroid上で高品質なVR環境を実現するためのプラットフォーム。OS、スマートフォン、ヘッドセット、アプリなどをすべて、VR環境のために最適化するものである。

・ Daydreamでは、Daydream対応(=Daydream Ready)のスマートフォンを専用のヘッドセット「Daydream View」に装着することで、VR対応コンテンツを楽しむことができる。Daydream対応の初のスマートフォンは「Pixel」。2016年10月時点で予約受付・販売が始められた国もあるが、日本での発売時期は未定。また、ヘッドセット「Daydream View」は11月に米英など海外で発売となる。こちらも日本での発売は決まっていない。

Google Daydreamの特徴

・ Daydreamでは、次のようにしてVRコンテンツを楽しむ。

(Daydream対応のスマートフォンを)VRで利用する際は、通常のスマートフォンのホーム画面ではなく、Daydream専用のホーム画面が現れ、そこから利用したいアプリを選ぶ形となる。ゲームのほか、YouTubeなどの360度動画に対応した動画配信サービス、そして「ストリートビュー」などさまざまなアプリが提供され、ヘッドセットの動きと、専用のコントローラーを用いて多彩な操作ができるようだ。Google Playも用意されているので、通常のスマートフォン同様、新しいアプリをダウンロードして追加することも可能だ。

(引用元:マイナビニュース|グーグルがVRに本腰、「Daydream」で目指す将来像

・ Daydreamの特徴は、VR環境の最適化が施されていること。そのひとつとして、人間の動きから映像表示までの遅延(レイテンシー)が大幅に改善された。人間が違和感なくVRを体験するのに必要と言われているレイテンシー20ミリ秒以下を、Daydreamでは実現している(ミリ秒とは1,000分の1秒)。

DaydreamによるGoogleの狙い

・ VR専用ヘッドセットが次々一般発売され、2016年はVR元年だと言われる中でのGoogleのDaydream発表は注目を集めている。Googleはすでに、段ボール製の簡易的なVR用ヘッドマウントディスプレイ「Google Cardboard」を発売している。1,000円程度の安さでVR環境を楽しめる気軽さが受け入れられていたが、段ボールの隙間から光が入ってきてしまったり、スマートフォン操作に面倒な点があったりするなどの問題があった。本格的なVR環境を提供するDaydreamは、そのCardboardの上位版となる。

・ Daydreamでは、多数発売されているCardboard向けのコンテンツが移植されるほか、NetflixやHuluなどの映像系メディアや、ニューヨーク・タイムズ、CNNなどのニュース媒体がDaydream向けにコンテンツを提供することを発表している。また、すでにVR対応済みのYouTubeやストリート・ビューの使い心地も向上するとされる。Daydream向けコンテンツはすぐに豊富なラインナップが揃い、ユーザーの高い満足度に貢献するとみられている。

・ GoogleのVRへの本格参入は、VR市場拡大の可能性が大きく期待されるとして話題。Googleは、これまでに培ったAndroidでのリードを活かしVR市場でも主導権を一気に得ることを目的としている。

グーグルは、Daydreamで一体何を狙っているのだろうか。 (中略) グーグルは、スマートフォンを利用したVRの広がりを受ける形で、AndroidベースのDaydreamを提供。本格的なVRの世界においてもプラットフォームの主導権を握り、アプリの流通をも握ることで、スマートフォンアプリで得た成功法則を再現したい狙いがあるのではないだろうか。

(引用元:マイナビニュース|グーグルがVRに本腰、「Daydream」で目指す将来像

(参考) Google VR|Daydream マイナビニュース|「Daydream」とは? - いまさら聞けないスマートフォン用語 マイナビニュース|グーグルがVRに本腰、「Daydream」で目指す将来像 日経トレンディネット|グーグル「Daydream」がVR業界に与えるインパクト 日経トレンディネット|グーグルがAI活用の新スマホ「Pixel」などを発表 ASCII.jp|グーグルの新VRプラットフォーム「Daydream」とは何? MoguraVR|グーグル、初のDaydream VR対応スマホはPixel ヘッドセットは79ドルで11月発売 TechCrunch Japan|GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」は11月10日に79ドルで発売 engadget日本版|速報:Googleが新型スマートフォンPixel発表、Googleアシスタントとスマホ史上最高画質カメラ搭載 MoguraVR|GoogleのスマホVRプラットフォーム『Daydream』とは

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら