フレイル

フレイルとは

・ フレイルとは、加齢にともなって心身が衰え、肺炎や転倒による骨折、うつ病などの健康障害を引き起こしやすい状態。ただし、適切な対処をすればフレイル状態から脱することもできる。フレイルの予防は、高齢者が要介護状態に移行するのを防ぐのにつながるため、厚生労働省はフレイル対策を推進している。

・ 日本でフレイルという言葉が使われるようになったのは、一般社団法人・日本老年医学会が2014年に声明を出してからである。それまで英語のFrailtyは「虚弱」「衰弱」などと日本語訳されてきたが、それらの訳語ではFrailtyの持つ多面的な要素を表現しきれないとして、「フレイル」という訳語を使用するべきだと声明のなかで主張された。声明において、Frailtyは以下のように説明されている。

Frailty とは、高齢期に生理的予備能が低下することでストレスに対する脆弱性が亢進(※)し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態で、筋力の低下により動作の俊敏性が失われて転倒しやすくなるような身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題を含む概念である。

(引用元:日本老年医学会|フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント) (※こうしん。度合が高まること)

・ 疫学を専門とするリンダ・フリード教授(コロンビア大学)らの研究によれば、フレイルの特徴は以下の5つ。このうち3つ以上に当てはまった者はフレイル状態で、1つか2つに当てはまる場合は「プレフレイル(フレイル予備軍)」という定義である。

- 意図しない体重減少 - 低い握力 - 疲労感 - 歩行の遅さ - 活動によるエネルギー消費の少なさ

フレイルの原因

・ 厚生労働省の資料によると、フレイルの原因のひとつは「サルコペニア」である。サルコペニアとはギリシャ語で「筋肉喪失」を意味する造語。サルコペニアの診断基準は、筋肉量が少なく、なおかつ筋力が低いか身体機能が低下していることである。

・ フリード教授らの研究によると、疾病・慢性的な低栄養・加齢などによってサルコペニアが起こる。すると筋力や持久力が低下し、歩行が遅くなる。さらに、それが活動の減少につながり、エネルギー消費量も減る。その影響で栄養状態がさらに悪化することにより、サルコペニアが進行し、同時にフレイルも進行するという。このような一連の流れは「フレイルサイクル」と呼ばれる。

フレイルへの対策

・ 東京都は2016年、フレイル対策をテーマとした冊子「住み慣れた街でいつまでも-フレイル予防で健康長寿-」を発行した。それによると、社会参加の機会低下は「フレイルの最初の入口」になりやすい。人と会話したり、体を動かしたりすることが減り、身体機能の衰えにつながることが理由だ。そのため、地域のボランティア活動や趣味のクラブに積極的に参加するなど、自分に合った活動を見つけることが大切だという。

・ また冊子によれば、口腔の機能を保つことはフレイルの予防に有効である。正しい方法で歯磨きをすることで脳が刺激されるだけでなく、口内の細菌を取り除くことで、虫歯の予防や糖尿病の改善につながるという。

(参考) 日本老年医学会|フレイルの意義 日本老年医学会|フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント 厚生労働省|フレイルティ及びサルコペニアと栄養の関連 Infomed, Portal de la Red de Salud de Cuba|Frailty in Older Adults: Evidence for a Phenotype 健康長寿ネット|サルコペニアとは 東京都福祉保健局|住み慣れた街でいつまでもーフレイル予防で健康長寿-

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら