HRBrainとは

・ HRBrain(エイチアールブレイン)とは、株式会社HRBrain(旧・モスキートーン)が提供する、クラウド型目標・評価管理サービス。企業の人事評価において、目標や達成度合、面談の記録などをクラウド上で一元的に管理することにより、業務の大幅な効率化を可能にする。2017年12月18日、同社が2億円の資金を調達したと発表されたことでインターネット上で注目され、HRBrainはTwitterのトレンドに入った。この資金を活用し、HRBrainの機能やマーケティング体制を拡充することで、2018年は年次成長率300%を目指すという。

・ HRBrainが設立されたのは2016年3月。代表取締役社長を務めるのは、株式会社サイバーエージェントにおいてブログサービス「Ameba」などを手がけてきた堀浩輝氏だ。堀氏は人事評価や目標管理がExcelなどで管理されることの非効率さに着目し、HRBrainを立ち上げたという。テスト運用を経て、HRBrainの正式版は2017年1月にリリースされた。同年12月時点で、HRBrain有料版に登録した企業は150社以上。退会した企業はなく、継続利用率は99%。1カ月毎の平均売上成長率は140%を超えたという。

HRBrainで可能なこと

・ 人事評価の観点から、企業は社員に「目標管理シート」の記入・提出を求めることがある。この目標管理シートが紙やExcelファイルで作成されている場合、人事部門が回収しデータを集計するのに多大な時間と労力が必要とされる。しかし、HRBrainを利用すれば、目標管理シートへの記入がオンラインで行えるほか、クラウド上で共有できるため、手間を大幅に削減できる。HRBrain公式サイトの説明によると、「目標シートの作成」にかかる時間を97%、「未提出者への催促」は99%、「目標と評価の集計」は100%削減できるという。

・ 社員がHRBrainを通して記入した目標管理シートをもとに、人事側は評価を行う。この際、社員との面談を記録したり、社員にフィードバックを送ったりできる。また、目標管理シートには複数のテンプレートが用意されており、企業は自社に合ったものを選択できる。OKR(Objective and Key Result)や1on1などに対応しているという。また、人事情報の閲覧権限を細かく設定できる、引き継ぎが容易であるなどのメリットもある。

社会人に最短距離の学習戦略を。わずか60日でTOEIC®300点アップの秘訣は、英語の「学び順」にあり。
人気記事

HRBrainによる目標の共有

・ HRBrainはDMM.comやサイバーエージェントなどの企業で導入されている。なかでもサイバーエージェントの取締役で人事統括を手がける曽山哲人氏は、HRBrainを使いはじめたことによって「目標に対する意識が向上した」と話す。

目標を共有することで一気に目線が上がりましたね。この機能を活用した部署から聞いた話なのですが、お互いの目標を見ることで「目線をあげていこう」とか、「自分のキャリアの軸を変えていこう」とか他のメンバーからの学びがあり、結果として組織全体の目線が上がったというメリットがあったようです。

目標がしっかり決まれば、社員はどんな動きをすればいいのかイメージをクリアにする事ができます。目標が決まったら、定期的に対話を行ない、上司との認識のずれを防ぎ、最後にはそれを振り返って確認し、評価に落とし込みます。このサイクルを回すことは組織が機能する上では非常に重要で、目標はその出発点ですね。

事業部全体で一つの目標を決めて、個人目標を月単位で振り返っていくパターンだったり、大きな組織の目標である事業目標と、個人のスキル目標をそれぞれ書いている事業部もあります。

(引用元:HRBrain|納得感が社員の力を引き出す[株式会社サイバーエージェント]

・ 人事関連サービスを手がける株式会社あしたのチームが2014年10月、企業経営者や人事担当者を対象にインターネット上でアンケートを行ったところ、39.9%の人が「目標の合意形成が取れていない為、従業員が評価に対して納得しづらい」と答えた。このような問題は、HRBrainを導入して目標を上司と部下、あるいは同僚同士で共有することにより、解決することができる。また、同アンケートでは人事評価をする側の悩みとして「人事評価のプロセスを、もう少し明確にしたい」「公正な評価ではなく、印象が第一になってしまっている」などが挙げられた。これらについても、HRBrainを通して目標やフィードバックをオープンにすることにより、多くの社員が納得しやすくなるとみられる。

(参考)
HRBrain
TechCrunch Japan|メンバーの目標・評価を一元管理する「HRBrain」が総額2億円を調達
TechCrunch Japan|社員のパフォーマンスを可視化する目標・評価管理サービス「HRBrain」が資金調達、正式版も公開
Twitterトレンド速報|HRBrain
THE BRIDGE|日本中の「エクセル目標評価管理」をクラウド化する HRBrain 正式公開、ジェネシアベンチャーズ、BEENEXT からシード資金獲得
あしたのチーム |アンケート調査 第1弾『~中小企業の人事に関する調査~経営者・人事担当者編』を実施いたしました