ONE

「ONE」とは

・ 「ONE(ワン)」とは、ONE FINANCIAL株式会社が開発した、レシートの写真を撮ることで現金を獲得できる、iOS専用アプリケーション。2018年6月12日にリリースされると、手軽にお金を得られるとして人気を博し、関連して「レシート1枚10円」がTwitterのトレンドに入った。

・ 「ONE」を起動し、カメラ機能でレシートを撮影すると、アプリケーション内の「ウォレット」に10円が入る。1日に撮影可能なレシート数は10枚まで。ウォレットに貯まったお金は、金融機関の口座を通じて引き出すことができる。その際、振込手数料としてユーザーは200円を支払う。

・ 「ONE」は大好評を博し、リリース初日にApp Storeにおける無料アプリケーションのランキングで第1位を獲得した。ONE FINANCIALの代表取締役・山内奏人氏がTwitter上で発表したところによると、およそ7万人のユーザーから24万枚以上のレシートを買い取ったという。しかし対応が追いつかず、サービスを一時的に停止する旨が同日中に発表された。ユーザーの本人確認作業に時間がかかっているという。

「ONE」の開発目的

・ ITに特化したWebメディア「TechCrunch Japan」によると、ONE FINANCIALは「レシートという形をした決済データ」を他企業に販売することで収益をあげる。「ONE」を通じて取得されたレシート情報は、ユーザーの本人確認によって得られるデータと合わせて提供されるという。山内氏の話では「どんな人がどのタイミングで、どのような商品を買っているのか。その商品と一緒に買っているものは何か。といった購買データに価値がある」とのこと。

・ Webサイト「WWD JAPAN.com」が山内氏に行ったインタビューによると、「ONE」のユーザーとして特に想定されているのは主婦・学生だ。「日常的にお金が足りない」人に対して「少額の資金調達手段を提供できれば」と山内氏は考えたという。

「ONE」への反応

・ 「ONE」に対しては、Twitterを中心に「1カ月で3,000円も貯められる」「バイクのガソリン代稼げる」といった好意的な意見が見られた。山内氏のTwitterアカウントには「とても夢のある良いアプリだと思います」「応援してます」など激励のコメントが多数寄せられた。

・ 一方で、「ONE」を利用することによる個人情報流出のリスクを心配する人も多い。Yahoo!ニュースで配信された「ONE」に関する記事には6月15日時点で1,200件以上のコメントが投稿されており、「小銭稼ぎのために個人情報を引き渡すというのはいかがなものか」「行動パターンが丸分かり」などの意見が目立った。プロのブロガーとして知られるイケダハヤト氏も、「ONE」の課題として「個人情報流出リスク」を挙げた。

(参考) App Store|ONE(ワン) Twitter|山内奏人 Soto Yamauchi TechCrunch Japan|レシート1枚10円で買う「ONE」、約半日で買取レシート数10万件突破も買取を一時ストップ WWD JAPAN.com|「買い取りレシート24万枚超、想定の200〜400倍」 レシート換金アプリで話題の高校生起業家がローンチ当日の思いを語る Twitterトレンド速報|レシート1枚10円 Yahoo!ニュース|レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」公開、17歳起業家が新たに目指すのは“次世代の金券ショップ” まだ仮想通貨持ってないの?|高校生が開発!レシートが10円になる「ONE」は成功するのか?考えてみる。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら