サバティカルとは

・ サバティカル(sabbatical)とは、大学教員が業務から離れて自身の研究に専念できる長期有給休暇。一般的に、半年~1年の期間で取得することができる。社員の学びなおしのためとしてサバティカルを導入する企業もあり、経済産業省の研究会は企業におけるサバティカルの導入促進を検討している。

・ 2017年9月から2018年3月にかけて、経済産業省内で「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」が開催された。同研究会は、人口減少により人手が不足したり、平均寿命が100歳となる時代に個人が活躍しつづけられる環境が未整備であったりといった問題を前提に、生涯学習の充実などを検討する目的で立ち上げられた。報告書によれば、個人が労働と学習を一体的に行える環境を整えるため、サバティカルを導入する企業に対する助成の方法が検討されるべきだという。

サバティカル制度の例

・ 東京大学の規定によると、同大学におけるサバティカルとは「専門分野に関する能力向上のため自主的調査研究に専念できる」長期研修である。サバティカル取得の権利を有するのは、7年以上継続して勤務した教員。期間は半年~1年。サバティカル期間中は、教授会への出席などの義務が免除される場合がある。期間中に兼業をしたり、勤務地から離れた場所で調査研究を行ったりする場合は、手続きが必要となる。

・ 広島大学において、サバティカルは「教員の教育研究能力及び資質等の向上を図るとともに、本学における教育研究の発展に資することを目的として、教員の職務の全部又は一部を一定期間免除し、その代替・支援措置を講じた上で、教員が国内外の教育研究機関等において教育研究活動に従事する研修」と定められている。サバティカル取得の権利を得られるのは、継続して7年以上勤務した教員など。取得が許可された者は全ての職務が免除されつつ、期間中も給与の全額が支給される。サバティカル終了後は、得られた成果について報告書を提出し、報告会を開く必要がある。

・ ヤフー株式会社は2013年、企業では珍しくサバティカル制度を導入した。サバティカルの目的は「自分のキャリアを真剣に見つめなおす」こと。勤続10年以上の社員が対象で、期間は2~3カ月。サバティカル中は1カ月分の給与が支給される。2017年3月までに55名が取得したという。

45日でTOEIC®260点アップ! ベンチャー企業CTOが取り組んだ『時短型英語学習』
人気記事

サバティカルにおいて何を行うか

・ AIなどを研究する谷口忠大教授(立命館大学)は、2015年から1年間のサバティカルを取得し、インペリアル・カレッジ・ロンドンの客員准教授となった。妻と3人の子どもも同行したという。谷口教授はサバティカル中に英国各地の大学で講演や講義を行うなどの活動をした結果、サバティカルには「新しい視点を得るし、コネクションもできる」などの効果があると主張。積極的にサバティカル制度を利用することを推奨した。

・ 2015年にヤフーで3カ月のサバティカルを取得した、Yahoo!ショッピング担当の安部里美氏は、シンガポールへの語学留学とヨーロッパでの一人旅にサバティカルをあてた。英語を話す力を養いたいという願望があったほか、大学時代に留学できなかったことなどが理由だという。サバティカルを利用して外国へ行き、さまざまな国の人と交流した結果、インバウンドのために仕事を通じて何ができるか考えるようになったと安倍氏は話した。また、仕事において自己主張するようになったという。安倍氏は、全員がサバティカルを取得するべきだと述べつつ、「このままじゃダメだ! という強い思いがある人に取ってほしい」と主張した。

(参考)
経済産業省|「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」報告書とりまとめに向けた研究会委員等と世耕経済産業大臣との懇談会を開催しました
経済産業省|我が国産業における人材力強化に向けた研究会を設置します
東京大学|東京大学教員のサバティカル研修に関する規程
広島大学|広島大学における教員のサバティカル研修に関する規則
コトバンク|サバティカルイヤー
日本の人事部|人生100年時代
Yahoo! JAPAN|Yahoo! JAPAN、最長3ヶ月の長期休暇を取得できる「サバティカル制度」の導入を開始
内閣府|サバティカル、教育訓練休暇について
人工知能学会 AI書庫|ロンドンにサバティカルで一年間行ってきました ─家賃と研究室とEU 国民投票─
Yahoo! JAPANコーポレートブログ|3カ月のサバティカル休暇をとってみた(留学編)