転売ヤー

転売ヤーとは

・ 転売ヤーとは、転売とバイヤーを組み合わせたスラングで、転売する目的で物品を入手する人を指す。「メルカリ」の普及などを通して、インターネット上での個人間取り引きが容易になったため、転売ヤーとして活動する人が増えているとみられる。転売ヤーによる買い占めが横行すると、本当に物品を必要としている人が正規の方法で入手できなくなってしまうため、転売ヤーは社会問題となっている。

・ 転売ヤーに狙われやすいのは、正月に販売される人気店の福袋や人気アーティストの公演チケットなど、需要が多いが供給は少ないと思われるさまざまな物品だ。たとえば2017年3月に任天堂から発売されたゲーム機「ニンテンドースイッチ」は、人気が高いものの量産が難しく、同年冬まで品薄が続いていた。品薄の背景には、転売ヤーによる悪質な買い占めもあったという見方が濃厚だ。

・ また、2018年2月、人気アニメシリーズの最新作『HUGっと!プリキュア』に関連して、店頭で同アニメの特製DVDを無料配布するというキャンペーンが実施された。ところが、早期に在庫のなくなる店舗が続出した一方で、「ヤフオク!」および「メルカリ」上で同DVDの出品が相次いだため、子ども向けの物品を転売する行為を非難する声がインターネット上で高まった。このように、数量が限られている人気の物品は転売ヤーに狙われやすく、欲しいと思っていた人の手に本来のルートで渡りにくくなってしまうのである。

転売ヤーの法的解釈

・ インターネット上での転売そのものが法律で禁じられているわけではない。古物営業法の定めにより、営業行為としての売買には都道府県などの許可が必要だが、転売ヤーが「自分のために購入したが、事情により不要となったので売る」などと主張すれば、法律の適用は難しい。インターネット上での転売の多くが取り締まられないのはそのためである。

・ 一方、転売ヤーが逮捕された事例もある。2016年、人気アイドルグループ「嵐」の公演チケットを転売したとして、20代の女性が古物営業法違反(無許可営業)の疑いで逮捕された。2014年から2016年まで、約300枚のチケットを転売しておよそ1,000万円の売上を得たという。弁護士の岡田崇氏によれば、チケットの転売ヤーが古物営業法で逮捕されるのは珍しい。この女性がチケットの転売を反復・継続して行っていたことから、転売行為が「営業」だと判断されたというのが同弁護士の見解だ。

転売ヤーへの対策

・ 上記のように、転売ヤーによる悪質な転売を法律で規制することは難しい。そのため各事業者は、商品を転売ヤーに買い占められて顧客を落胆させることのないよう、独自の対策を講じている。たとえば上述した『HUGっと!プリキュア』DVDの転売行為に関して、キャンペーンを担当していた株式会社バンダイは「入手後の所有権はお客様側にあるため、こちらから規制することが難しい」としつつも、入手できなかった人のためにYouTube上でDVDに収録されているのと同じ映像を配信している。

・ 転売ヤーによる取り引きの場となりやすい各種インターネットサービスも対策を進めている。「ヤフオク!」は2017年11月、「転売する目的で入手したと当社が判断するチケット」を出品禁止物として明示する旨を発表した。具体的な判断基準は公開されていない。さらに2018年2月、「メルカリ」がチケットの高額転売を防ぐ目的でAIによる監視を始めたことが報道された。「メルカリ」は「転売目的で得たとみなされるチケット」の出品を禁止しており、従来は300人以上のスタッフが監視していたものの、手が回りきらなかったという。新たな監視システムは「大量出品や高額設定」「過去の不正と類似する事例」などの情報をAIに学習させつつ、不正な転売と判断された出品を停止するという。

(参考) 日刊SPA!|25歳・年収1100万円の“転売屋”が語る苦労話「労働時間はチェーンの居酒屋よりブラック」 産経WEST|「ニンテンドースイッチ」品薄続く…部品メーカー活況で生産余力なし Business Journal|ずっと品薄だったニンテンドースイッチが突然、在庫潤沢で「どこでも買える」状態になった理由 弁護士ドットコム|「プリキュア」無料配布DVDの転売ヤー横行に親激怒、バンダイ「無料動画」で対応 弁護士ドットコム|嵐などのチケット「転売ヤー」の女性逮捕、なんで「古物営業法違反」なのか? ねとらぼ|「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は Study Hacker|転売チケット J-CASTニュース|「嵐」チケット5枚転売で逮捕の女 ジャニーズ系では有名な要注意人物 ヤフオク!|転売する目的で入手したチケットの出品について 毎日新聞|チケット転売対策にAI 過去の不正、自動学習

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら