4,500万円調達「VALU」復活なるか。“16億円超” の時価総額を持つ強者も。

iOSアプリが新登場! VALUとは

・ 「VALU(バリュー)」とは、個人が発行し時価で取引される「VALU」を、ユーザー同士が売買するSNS。運営元である株式会社VALUによれば、「金銭的な理由で諦めざるを得なかった夢や目標を、ファンから支援してもらい実現でき」る、コミュニケーションツールである。2017年にサービスが始まり、著名な実業家やインフルエンサーが多数参加して注目を集めたが、いわゆる「売り逃げ騒動」(後述)によって批判が集まった。しかし、その後も「ユーザーの皆様にとって、より使いやすいプラットフォーム」となるため、VALUの開発は続けられている。2018年8月には、iOSのアプリケーションがリリースされた。10月18日現在、5点中4.6点と高いユーザー評価を得ている。

・ 利用規約によると、ユーザーが発行できるVALUとは「発行者への応援の気持ちを表す特別なステータスのようなもの」であり、「株式を含む有価証券、前払式支払手段、法定通貨または仮想通貨」には該当しない。しかしサービス開始当初は、「株式のように自分の価値を取引できる」など、VALUは株式に似たものとしてアピールされていた。

・ VALUが株式市場のように法的に整備されていない状態で起こったのが、「売り逃げ騒動」である。2017年8月、人気YouTuberのヒカル氏はVALUに登録。Twitter上で「明日一気にバリューで動く」と発言したところ、ヒカル氏のVALU価格は急騰した。しかし、直後にヒカル氏は自身で発行・保有していたVALUを全て売却。多額の利益を得たという。この行動は「詐欺」「インサイダー取引」などと、多方面から批判を受けた。VALUもヒカル氏の所属事務所に対してVALUユーザーへの損害賠償を求めた。この事件をきっかけにVALUの利用規約は改定され、「価格操縦行為」の規制が強まった。

(記事内の画像は全て公式サイトより)

堀江氏の「時価総額」は16億円超!? VALUの仕組み

・ ユーザーがVALUを発行しようとする際、運営側による審査が行われる。審査は、ユーザーが登録したSNSなどの情報から総合的に実施され、審査を通過したユーザーのVALUは他のユーザーが購入できるようになる。発行時点でのVALU価格は、他のSNSで発行者が獲得しているフォロワー数などによって決まるが、その後は売買を通じて変動していく。

・ VALUにおける取引には、仮想通貨のビットコイン(BTC)が用いられる。2018年10月18日現在、発行VALU数などに基づいた「ランキング」の第2位に位置する実業家・堀江貴文氏の「時価総額」は2,300BTC。およそ16億6,500万円に相当する。

・ VALUの発行者は、VALUを購入してくれたユーザー(VALUER)に対して優待特典を設定することができる。VALUの保有数に応じて特典の内容に差をつけることも可能。専用のLINEグループへの招待や、占い、イベントへの参加権利などを特典として設定している発行者が確認できる。なお、換金性の高いものや情報商材などを優待特典とすることは禁じられている。

(記事内の画像は全て公式サイトより)

1万人が利用中! VALUの現在と今後

・ 上述の「売り抜け騒動」からおよそ1年が経った2017年7月、VALUは4,500万円の資金調達を発表し、翌月にはiOSアプリケーションをリリース。この動きはIT関連のメディアから注目され、「新たなスタート」などと報道された。

・ VALUの代表取締役・小川晃平氏の話では、「売り抜け騒動」後にVALUの利用者は急減し、「感覚的だが半分ぐらいになった」という。2018年8月時点で登録者は10万人、頻繁にサービスを利用するユーザーは10〜20%とのこと。

・ 2018年10月現在、VALUにおける優待特典は、発行者がある程度自由に設定することが可能だが、小川氏によると優待は今後制限される方向にある。2018年末頃から「安全な仕組み」を提供していく考えとのこと。優待の代わりとしては「チケット販売やEC(※)、質問箱のようなサービス」が検討されているという(※電子商取引。インターネット通販などを指す)。

(参考) VALU クラウドファンディング Readyfor|ビットコインで株式のように自分の価値を取引できる「VALU」 PR TIMES|なりたいものや、やりたいことを実現するために継続的な支援を募ることができるSNS「VALU」iOS版アプリをリリース PR TIMES|VALU、個人投資家 千葉功太郎氏を引受先とするJ-KISS型新株予約権方式(※1)による4500万円追加資金調達を実施 App Store|VALU (バリュ) 支援を募れるSNS 弁護士ドットコム|YouTuberヒカルさんの「VALU」売却行為、「詐欺罪」が成立するのはどんな場合? VALU ヘルプセンター|アップデート・お知らせ THE BRIDGE|VALUは復活するのかーー千葉氏が4500万円を個人出資、小川氏に聞く「VA優待に代わる個人支援の仕組み」とは BUSINESS INSIDER|「ゆっくり育てていく」再スタートのVALU小川社長 —— 騒動から1年

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら