時差婚ウェディング

時差婚ウェディングとは

・ 時差婚ウェディングとは、入籍後に子連れで結婚式を挙げること。入籍から結婚式まで数年の時間が空くことから「時差婚」と呼ばれる。女性月刊誌『VERY』2017年8月号で取り上げられたことにより、知られるようになった。従来も使われていた名称としては「ファミリーウエディング」や「パパママ婚」がある。

・ 『VERY』によると、近年は時差婚ウェディングが「急増」している。カップルが時差婚ウェディングを行う理由としては、「授かり婚(※)だった」「入籍直後に妊娠」などの理由で、入籍と挙式の時期を合わせられなかったことがあるという(※妊娠をきっかけとして結婚に踏み切ること)。

時差婚ウェディングに関連する統計

・ ブライダル情報誌『ゼクシィ』読者のうち、2016年4月~2017年3月に結婚した人を対象に実施された「結婚トレンド調査」2017年度版によると、結婚式を挙げた人のなかで挙式より前に入籍したと答えた人は85.1%だった。2010年度には77.6%、2004年には63.5%だったので、入籍したあとに結婚式を挙げる人は増加傾向にあるといえる。

・ リサーチ会社のクロス・マーケティングが2017年6月に20~40代の既婚女性を対象に実施したアンケートにおいて、直近の5年間に結婚した人のうち、結婚式もしくは披露宴を行った人の割合は73%だった。10年前に結婚した人では84%だったので、結婚式・披露宴を行う人の割合は減少しているといえる。その一方、結婚式を挙げずに「後悔した」と答えた人は31%もいた。後悔している人の挙式しなかった理由は、多い順に「費用」(60%)「妊娠」(27%)「恥ずかしい」(18%)で、「後悔していない」と答えた人の理由「費用」(51%)「憧れがない」(36%)「恥ずかしい」(34%)とは異なる結果となった。つまり、妊娠を理由にして挙式しなかった女性の一定数が後悔しており、時差婚ウェディングに踏み切っていると考えられる。

時差婚ウェディングの特徴

・ 結婚式場を備えたシティホテル「スイスホテル南海大阪」によると、時差婚ウェディングにおける最大の魅力は子どもの存在である。子どもが生まれたあとに行う結婚式は、子どもの記憶に残るだけでなく、「ゲストの心を深く打つ」とのこと。また、ブライダル情報サイト「マイナビウェディング」によれば、時差婚ウェディングは「生まれた赤ちゃんのお披露目会」の役割も果たすという。

・ 時差婚ウェディングならではの演出としては、以下のようなものがある。

- 子どもに結婚指輪を運んだり、花びらをまいたりしてもらう。 - 夫婦が子どもを抱っこして入場する。 - 夫婦だけでなく子どももケーキカットに参加する。 - 子どもが夫婦に手紙を贈呈する。 - 夫婦が子どもと座れるよう、高砂をソファ席にする。

(参考) VERY|子どもが一緒だから最高の思い出!「時差婚ウェディング」 リクルート ブライダル総研|結婚トレンド調査2017 報告書(首都圏) リクルート ブライダル総研|結婚トレンド調査2010 報告書(首都圏) スイスホテル南海大阪|実はメリットも!入籍後数年以内に挙げる結婚式の魅力 マイナビウエディング|ファミリーウエディング(パパママ婚)特集 マイナビウエディング|ファミリーウエディング演出アイデア クロス・マーケティング|「ナシ婚」 約7割が後悔もナシ! 結婚式実施の義務感も減少傾向

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら