加熱式たばことは

・ 加熱式たばことは、葉を燃やして煙を発生させるのではなく、加熱によってニコチンを含む蒸気(ベイパー)を発生させるたばこ。2018年3月現在、日本国内ではフィリップモリスジャパン株式会社の「iQOS(アイコス)」、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社の「glo(グロー)」、日本たばこ産業株式会社の「Ploom TECH(プルーム・テック)」が流通している。2017年に大流行して品切れが続出した一方、健康への影響度合いが不明瞭なことや、加熱式たばこを吸う際のマナーなどが問題になっている。

・ iQOSは2015年9月、Ploom TECHは2016年3月、gloは2016年12月に日本の一部地域で販売を開始した。全国販売が始まったのは、iQOSが2016年3月、gloが2017年10月。Ploom TECHは2018年9月の予定。フィリップモリスジャパンによると、2016年12月までにiQOSは300万台以上を売り上げ、従来の紙巻きたばこから乗り換えた消費者は約100万人だという。2017年10月には、gloの出荷台数が100万台を突破したと発表された。

加熱式たばこの特徴

・ フィリップモリスジャパンによれば、紙巻きたばこに含まれる葉は600度以上の高温で燃焼されるが、iQOSの葉は350度以下で加熱される。日経ビジネスオンラインによると、gloの加熱温度は240度。また、Ploom TECHは約30度という低温だとJ-CASTニュースは報じている。

・ 日本たばこ産業によれば、加熱式たばこには2種類ある。葉を直接加熱するタイプと、専用の液体を加熱し蒸気を発生させ、その蒸気に葉のあいだをくぐらせるタイプだ。いずれの種類でも、加熱装置つきの本体と、使い捨てのたばこが必要となる。使い捨てたばこの名称はそれぞれ異なり、iQOSは「ヒートスティック」、gloは「ネオスティック」、Ploom TECHは「たばこカプセル」である。

15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

加熱式たばこをめぐる問題

・ 加熱式たばこを販売する各社は、紙巻きたばこと比較した加熱式たばこのメリットとして、煙の悪臭がしないことや灰が発生しないことを打ち出している。フィリップモリスジャパンによると、iQOSはたばこの葉を燃焼させないため、「有害な化学物質のレベルが大幅に低減」しており、「健康へのリスクを低減する可能性」があるという。厚生労働省が2018年1月に公表した健康増進法改正案の素案においても、加熱式たばこへの規制は紙巻きたばこより緩い。飲食店において、紙巻きたばこは飲食のできない「喫煙専用室」でしか吸えないが、加熱式たばこは専用の部屋で飲食しながら吸える、という内容だ。

・ しかし、加熱式たばこには未解決の問題もある。世間に出回ってからあまり年月が経っておらず、健康への影響が明らかにされていない点や、加熱式たばこを吸う際のマナーだ。2017年10月、イタリア料理店の公式アカウントによるTwitter上への投稿(のちに削除)が話題となった。客が灰皿を使わずに席でiQOSを吸い、おしぼりの入っていたビニール袋の上に吸い殻をそのまま置いて帰ったという。この行為については、客を批判したり、問題ないとみなしたりなど、さまざまな意見が挙がった。また、加熱式たばこは煙を発生させないという理由で、喫煙の禁じられている場所で加熱式たばこを吸う人がいるという報告もインターネット上で複数上がっている。加熱式たばこが普及しつつある現在、新たなルール作りが求められているといえる。

(参考)
PMI 日本|急成長を続ける 革新的な加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」全47都道府県で販売
PMI 日本|フィリップ モリス ジャパン、企業ビジョン「煙のない社会を、ここ日本で」を発表
JTウェブサイト|新しいスタイルのたばこ製品の取り組み
JTウェブサイト|たばこベイパー
British American Tobacco Japan|加熱式たばこgloについて
ロイター|英BATの加熱式たばこ「glo」、10月2日から全国販売
ロイター|アングル:加熱式たばこ、日本で競争がヒートアップ
ロイター|JT、「プルーム・テック」を一時出荷停止へ 想定以上の注文
ロイター|JT、2018年9月に「プルーム・テック」の全国発売を開始
Digital PR Platform|次世代加熱式たばこ専用機器glo(TM)(グロー)累計出荷台数100万台突破
J-CASTニュース|JTが「加熱式」で大勝負 「シェア4割」宣言の本気度
日経ビジネスオンライン|加熱式たばこ、主要3ブランドのメリデメ
日本経済新聞|受動喫煙、加熱式たばこも規制 厚労省が法改正素案
NEWSポストセブン|加熱式たばこ 吸殻処理やマナー問題をメーカーに聞いてみた