キラーコンテンツ 

キラーコンテンツとは

・ キラーコンテンツ(killer contents)とは、ある分野が普及するきっかけとなった製品やサービス。また、店やWebサイトにおいて、特に集客力のある人気の商品や情報を指す。マーケティング用語として「○○をキラーコンテンツにしよう」「□□にはキラーコンテンツがない」のように使われることが多い。

・ キラーコンテンツという言葉を人間に対して使う人もいる。株式会社ドラゴンコンサルティングの代表取締役であり、『コンサルタントのための“キラーコンテンツ”で稼ぐ法』(同文館出版、2013年)を著した五藤万晶氏は、キラーコンテンツを「各人の独自の強み」と表現する。仕事を通して得た経験やノウハウは、その人独自のものであり、それらを起点に「強みを組み立てていく」ことでキラーコンテンツが生まれるのだという。

キラーコンテンツの例

・ 2018年現在、日本で一般的に使われている移動通信システム「4G」のキラーコンテンツ(キラーデバイス)は、スマートフォンだったといわれている。iPhoneを代表としたスマートフォンという新たなデバイスに多くの消費者が関心を抱き、利用しはじめた結果、4Gが普及したためである。なお、日本では2020年にサービスが始まる予定の次世代移動通信システム「5G」については、キラーコンテンツ・デバイスが不在だとしばしば指摘されている。そのような状況下で2018年5月にKDDIが発表したところによると、同社は米Netflix日本法人と業務提携し、動画配信サービスを「5G時代のキラーコンテンツ」にしていくという。

・ 農林水産省は、棚田の「キラーコンテンツ化」を推進している。2018年7月の「棚田キラーコンテンツ化促進ガイド」によると、棚田は景観として美しいだけではなく、その保全活動が地域のコミュニティ作りや都市住民の癒やしとなり、移住促進の効果もあるという。「棚田キラーコンテンツ化促進ガイド」では、棚田に関する活動の事例などが紹介されており、地域の棚田を活用したいと考えている人が参考にできる。

キラーコンテンツの作り方

・ 一般的に、キラーコンテンツは「売れる商品」だと捉えられているため、キラーコンテンツの作り方をアドバイスするコンサルタントは少なくない。『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!』(ダイヤモンド社、2009年)などの著書を持つコンサルタントの岡本達彦氏によると、キラーコンテンツ(人気のあるオリジナルコンテンツ)は、すでに存在するもの同士を組み合わせ、形やルールを決めることで作り出せるという。たとえば岡本氏の考案した、販促効果の高い広告を製作する目的で顧客に行う「『A4」1枚アンケート」は、「アンケート」と「売れる広告の作り方」を組み合わせたもの。そして、用紙は「A4」1枚である、質問は5つである、などの形・ルールを設定することで、「『A4」1枚アンケート」というキラーコンテンツが生まれた。

・ 飲食業界におけるキラーコンテンツとは、SNS上で見栄えがする、高品質の割に安い、などの理由で多くの客が注文する、その店の目玉商品である。『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ』(同文舘出版、2015年)などの著書を持つコンサルタントの久保正英氏は、事前に期待した以上の驚きと感動を客に与えるメニューを「キラーメニュー」と呼ぶ。久保氏は「キラーメニューのチェックリスト」の項目として、「食材の組み合わせは事前期待を上回りそうですか?」「味付けは事前期待を上回りそうですか?」などを挙げている。

(参考) コトバンク|キラーコンテンツ ITmedia エグゼクティブ|独自の強み「キラーコンテンツ」の作り方 ITmedia ビジネスオンライン|KDDIとNetflixが提携 「動画配信」を5G時代の切り札に StudyHacker|5G NECネクサソリューションズ|スマホの進化と「IoT」のその先にあるもの 農林水産省|棚田地域の振興について 販売促進コンサルタント:岡本達彦|キラーコンテンツの作り方。 農業/飲食/食品マーケティング実行支援 久保 正英の戯言|飲食店のキラーメニューのチェックリスト

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら