ランパス

ランパスとは

・ ランチパスポート(ランパス、ランパス本)とは、ランチに特化した、エリア限定の有料クーポン雑誌。ランパスに掲載されている飲食店の該当のランチメニュー(通常700円以上のメニュー)が、ランパスを提示することで500円で食べられる。パスポート風のデザインが特徴。

・ ランパス本体の価格は1,000円(税込)。有効期間は発行から3カ月で、期間内に各店舗3回までランパスの使用が可能。サービスが適用されるのは、1冊につき1人のみ。3~5回程度利用すれば元が取れる計算で、使えば使うほどお得になることが消費者に受けている。(使用回数や税込・税抜などのルールは店舗やエリアにより異なる場合がある。詳しくはランパスに記載されている。)

・ 2014年頃から急速に普及し始め、全国43都道府県80エリア以上(2015年11月時点)でランパスが発行され、累計200万部を売り上げる大ヒットとなっている。冊子の代わりに使え、店舗検索やお気に入り登録機能もついた公式のスマホアプリもリリースされている。

・ Twitterでは、ハッシュタグ「#ランパス」のついた投稿が多く見られ、ランパス利用者の多さがうかがえる。

ランパスの成功の仕組み

・ ランパスが初めて創刊されたのは2011年4月。高知でタウン情報誌を作っている出版社である株式会社ほっとこうちが、最初のランパスとなる「高知版」を発行したのがはじまりである。当初は、客足が伸びないという地元の飲食店の状況を打破するために考案されたアイデアだった。

・ 高知版が成功すると、ほっとこうちはランチパスポートの商標登録を済ませ、以下のような仕組みを構築した。ランチパスポートのノウハウをパッケージ化して全国の出版社などにライセンス販売しているため、各エリアのランパスは発行元が異なる。

(ライセンス販売に加え)共同事業者である出版社エス・ピー・シー(愛媛県)が提供している自動組み版システムを導入することで、書籍製作未経験の企業でも発行元になれる仕組みも構築。同じ組み版システムを使えば表紙デザインや紙面構成にも統一感が出る。その結果、数多くの類似品が出回るなか同社の展開するランチパスポートは、「第一人者としての本物感」(元吉専務※)を維持することに成功した。

(※ほっとこうちの元吉太郎専務取締役) (引用元:ランチパスポート公式サイト|ニュースリリース【雑誌】戦略経営者(株式会社TKC)戦略経営者2015年9月号「特集-小さな会社のヒットの法則」に掲載されました。   発行 株式会社TKC 掲載  戦略経営者2015年9月号

・ ランパスに掲載される飲食店側は、掲載料を支払う必要がない代わりに、ランチメニューを500円で提供する。ここがランパスの特徴で、従来のクーポン付フリーペーパーの場合は、飲食店側に広告掲載費がかかるうえクーポン割引費用も必要となる。

・ ランパスは、以下のような理由により出版不況と呼ばれる中でも有料クーポン誌として成功をおさめている。

- エリアを限定した雑誌は、そのエリア内では多く売れる可能性が高い。 - 発行部数は最大12,000部となっており、基本的に売り切れるため、早く買いたいという消費者心理を刺激している。 - サービスの仕組み上、1人1冊必要なので、会社などの仲間内での誘い買いが期待できる。

・ 以上のような特徴から、ランパスの仕組みは「四方よし」のビジネスモデルだと言われている。

お得に食事ができる読者。掲載料が無料のため、初期費用を抑えて新規顧客が開拓できるお店。短期間で確実に売れるめどのつく書店。そして年4冊刊行のヒットシリーズが得られる出版社。地域内で四者が得をしながらビジネスが回る仕組みとなっている。

(引用元:日経電子版|見せればランチが500円 勢い続く「ランパス本」

ランパスによるネガティブな影響

・ 「四方よし」と言われるランパスであるが、マイナスの影響が起きる可能性もある。

- 新規客の増加につながらない ランパスの利用者は、期間内に得するランチを求める消費者なので、新規の顧客にはなり得ても、通常価格に戻ったあとも来店するような常連客にはなりにくい。

- 常連客への悪影響 ランパス客が増えることによって常連客が来店しにくくなることや、同じメニューを割引価格で食べているランパス客を見た常連客に生じる心理的悪影響が考えられる。二重価格により、割引後のサービスの質が低下する可能性も懸念されうる。

- ランチ時の回転率の低下 ランパスを手に来店する客は、近場のビジネスマンだけとは限らないため、ランチ時に長居をする客が増える可能性があり、店の回転率が下がることも考えられる。

(参考) ランチパスポート公式サイト ランチパスポート公式サイト|ニュースリリース【雑誌】戦略経営者(株式会社TKC)戦略経営者2015年9月号「特集-小さな会社のヒットの法則」に掲載されました。   発行 株式会社TKC 掲載  戦略経営者2015年9月号 Business Journal|お得すぎて大ヒットのランチパスポートが成立する秘密 食事3割引き&3回で元取れる 日経電子版|見せればランチが500円 勢い続く「ランパス本」 日経トレンディネット|出版不況でもバカ売れする「ランパス本」のカラクリ ZUU online|「ランチパスポート」ブームの裏で再掲載断る飲食店が続出する理由 Yahoo!ニュース|食べログ「ワンコインランチ」は「ランチパスポート」に勝てるのか? ModuleApps|掲載店舗検索やお気に入り登録も!ランチパスポート公式アプリが登場 Twitter|#ランパス

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら