東京ミッドタウン日比谷とは

・ 東京ミッドタウン日比谷とは、2018年3月29日、東京・有楽町にオープンした複合商業施設。地上35階・地下4階建てで、東京メトロの日比谷駅・有楽町駅・銀座駅に直結している。地下1階から6階には、日本初出店も含むフードやファッションの店舗、都内最大級のシネマコンプレックスなど多数のテナントが入り、東京の新たな名所として注目されている。オープン初日の29日、「ミッドタウン日比谷」がTwitterのトレンドに入った。

・ 「東京ミッドタウン」とは、「JAPAN VALUE」を世界に発信することを掲げる三井不動産の街づくりブランドだ。2007年に赤坂でオープンした複合商業施設「東京ミッドタウン」は、同ブランドの第1弾。東京ミッドタウン日比谷は第2弾に当たる。ブランドの共通コンセプトである「Diversity(多様性)」「Hospitality(おもてなし)」「Creativity(創造性)」「Sustainability(持続可能性)」に加え、東京ミッドタウン日比谷に固有の価値として「In The Park(公園内)」「Entertainment(エンターテインメント)」「Elegance(優雅さ)」が提示されている。

・ 東京ミッドタウン日比谷は日比谷公園に隣接しており、ビルの周囲は公園に溶けこむように植物が配置されている。また、三井不動産によると、日比谷エリアは昭和時代に多数の映画館・劇場を抱え、日本におけるエンターテインメントの中心地として大きく発展した。その歴史を活かし、芸術文化・エンターテインメントの新しい情報発信拠点となるため、東京ミッドタウン日比谷には約2,200席のシネマコンプレクックス「TOHOシネマズ 日比谷」だけでなく、屋外のイベント場「日比谷ステップ広場」が設けられた。これは階段つきの「劇場型」広場で、観客は階段に腰かけてイベントを楽しむことができる。さらに、東京ミッドタウン日比谷の1~3階は吹き抜けのアトリウムで、伝統的な劇場空間を参考にデザインされたという。「大人の魅力」にあふれた、華やかで優雅な空間に仕上げられた。

東京ミッドタウン日比谷のフード店舗

・ 東京ミッドタウン日比谷内にオープンしたフード店舗のうち、特に注目されているひとつがアップルパイ専門店「RINGO」だ。工房が併設されており、常に出来立ての状態で「焼きたてカスタードアップルパイ」(税込399円)を提供している。国内では7店舗目。

・ レストランとしては、日本初上陸の「Buvette(ブヴェット)」が注目を浴びている。ニューヨーク、パリに続き、世界で3店舗目。朝から深夜まで「どこか懐かしくハートウォーミングで伝統的なメニュー」を提供する「街の小さな食堂」として人気を博し、多数の海外メディアに取り上げられた。平日は8時~23時半、休日は9時~23時半にオープンしている。

3ヶ月でTOEIC615点から930点に! 商社マンがトレーナーと二人三脚でつかんだ900点の大台。
人気記事

東京ミッドタウン日比谷の施設

・ 東京ミッドタウン日比谷における目玉施設は、6階のビジネス連携拠点「BASE Q」だ。「世界を変えるQuestionを追求し、新たな価値の創出と、社会課題の解決を目指す人々がともに高め合いながらAnswerを見出していくことを目指したイノベーティブな交流拠点」とのこと。イベントスペース「Q HALL」、ベンチャー企業と大手企業との連携を生み出す「Q LOUNGE」、ワークスペースを備えた「Q CAFE」で構成されている。「Q CAFE」には高速Wi-Fiや電源、プリンターなどが用意されており、1時間600円でデスクを利用することができる。

・ 3階の「HIBIYA CENTRAL MARKET」も独特な空間だ。老舗書店の有隣堂が出店し、多くのコンセプトストアを手がけるクリエイティブディレクター・南貴之氏がプロデュースしたフロアは、「日本初のアーケード型複合ショップ」。飲食店や書店、理容店が混在し、市場や路地の雰囲気が作りこまれている。

(参考)
東京ミッドタウン日比谷
三井不動産|コンセプト | 東京ミッドタウン日比谷 | 街づくりライブラリー
日経 xTECH|東京ミッドタウン日比谷が本日開業!商業エリアの見どころ総まくり
ファッションプレス|「東京ミッドタウン日比谷」東京・日比谷に新施設オープン、都心最大シネマTOHOシネマズも
Twitterトレンド速報|ミッドタウン日比谷
焼きたてカスタードアップルパイ専門店 RINGO
WDI GROUP -WORLD DINING INSPIRATIONS|「Buvette(ブヴェット)」日本初上陸
有隣堂|新規店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」オープンのお知らせ