マインクラフト

マインクラフトとは

・ マインクラフトは、スウェーデンのゲーム開発会社Mojangが開発したゲーム。正式版が発表されたのは2011年。Mojangは2014年9月に米マイクロソフト社によって買収された。

・ マインクラフトとは、ゲームの中の立方体ブロックでできた仮想世界の中に、木材やレンガ、土、石などの素材のブロックで様々な建造物を作りながら、世界の探索や生活を自分なりに工夫して楽しむゲーム。広大な世界を自由に動き回って楽しむサンドボックス型と呼ばれるゲームである。

・ PC、スマートフォン、ゲーム機(PlayStation)でプレイすることができる。全世界で1億人以上が楽しんでいると言われる。

・ 日本でも、2014年夏頃から小中学生を中心にブームとなっている。2015年1~2月、マインクラフトを試遊するイベントにて実施されたアンケートによると、学校のクラスでマインクラフトをプレイしている友人がいると答えた人は70%にのぼった。また15%の回答者が、クラスで10人以上がマインクラフトをプレイしていると回答し、子供の間で流行していることがうかがえる結果となっている。

・ マインクラフトには敵を倒すゲームモードもあるが、最も特徴的なのは自分の世界をじっくり作り上げるクリエイティブモードである。マインクラフトは、とにかくプレイヤーの自由度が高い。プレイヤーの創意工夫、試行錯誤が試されるゲームで、ゲーム内に思い描いた建造物をつくることでアイデアを形にする力が養われる。創造力を刺激する効果は、教育の場面でも注目され(詳しくは後述)、数多くの教育現場にマインクラフトが取り入れられている。

・ マインクラフトのゲーム内には、マニュアル、説明の類はほとんどない。プレイヤーが工夫しながら遊び方を見つけていく。YouTubeやニコニコ動画などでプレイ動画を共有しながら、遊び方が広がっていくのが特徴。YouTuberとして有名なヒカキン氏によるプレイ動画が人気である。

マインクラフトの教育効果

・ スウェーデンでは、マインクラフトが一部の学校で必修科目となっていて、教材としての地位も確立している。オーストラリアでは、マインクラフトによる子どもの創造力を施設整備の公募に生かす取り組み例もある。

・ 日本でもマインクラフトは、子ども向けIT教育の一環として子ども向けのプログラミング教室や小学校などで広く使われている。子ども向けプログラミングスクールTENTO代表の竹林暁氏は、子どもとプログラミングとの関係について、時代の変化をこう説明する。

(竹林氏は)「昔、子どもたちが裏山で遊んだように、今の子どもたちは仮想空間に秘密基地を作って楽しんでいる」と話す。最初はブロックを積み上げて建物を作るだけだが、そのうちに、自分たちの作品に複雑な動きをさせるためにはどうしたらいいかなどと考えるようになり、自然に高度なプログラムに興味が向かっていくという。

(引用元:日本経済新聞|子どもたち夢中 IT教育を一変させるゲームの力

・ マインクラフトには、IT以外の教育効果も期待されている。

ゲーム学習論が専門の藤本徹・東京大助教は「ゲームの世界でできることの自由度が高いため、創意工夫次第で教科を選ばずに活用できる」と指摘。「教育現場での活用を広げるには、学校や教員の間でアイデアや成果を共有していくことが重要だ」と話す。

(引用元:日本経済新聞|「マインクラフト」世界にファン スウェーデン、必修科目の学校も

・ 日本の小学校における実施例として、渋谷区にある小学校は、マインクラフトによる家づくりをとおして立体的な思考力を鍛える授業を実施。また、多摩市の小学校では5年生を対象にした保健体育の授業で、事故や犯罪が起きにくい街づくりについて考えさせる取り組みが行われた。

・ 2016年夏には、マイクロソフトが「Minecraft Education Edition(教育版Minecraft)」をリリース予定。IT教育にとどまらず、以下のような利用の仕方が見込まれている。

Microsoftは学生がMinecraft上に仮想世界を作ることで、デジタル市民としてのふるまい方、共感、社交性、さらには文学まで多種多様なスキルを学ぶことができるという。また、教師からリアルタイムのフィードバックも得られる。Minecraftを授業に取り入れている実例には、小学生が都市計画やエンジニアリングを学んだり、 中学生がMinecraftのコードキャンプでコンピューターサイエンスの基本知識を身に付けたり、カレッジの学生が歴史的な場所やイベントをプログラム内で再現することでニュージーランドの歴史と先人について学ぶのに利用している。

(引用元:TechCrunch Japan|Microsoftが夏に「教育版Minecraft」をローンチ予定

(参考) ITmedia ニュース|「マインクラフト」日本の小学生にブームの兆し PS版、半年で国内50万本 日本経済新聞|子どもたち夢中 IT教育を一変させるゲームの力 日本経済新聞|人気ゲーム「マインクラフト」授業で活用 子供のアイデア形に 日本経済新聞|「マイクラ」人気の秘密 ものづくり、子供夢中に 日本経済新聞|「マインクラフト」世界にファン スウェーデン、必修科目の学校も TechCrunch Japan|Microsoftが夏に「教育版Minecraft」をローンチ予定 パソコンショップQLICK|小中学生で大流行!?【マインクラフト】を遊んでみました Wikipedia|Minecraft

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら