ミニファミコン

ミニファミコンとは

・ ミニファミコンとは、任天堂が2016年11月10日に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」のこと。1983年に発売され大人気となった「ファミリーコンピュータ」を、デザインはそのままに約60%の大きさのミニサイズで復刻したゲーム機。ファミリーコンピュータの愛称「ファミコン」のミニ版であることから「ミニファミコン」と呼ばれる。

mini-famicom02 (画像引用元:Nintendo|手のひらサイズのファミコンに30タイトルを収録「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」11月10日、メーカー希望小売価格5,980円にて発売

・ ミニファミコンの価格は、税別5,980円。「スーパーマリオブラザーズ」「パックマン」「ゼルダの伝説」など、1983~1993年に発売された名作ゲームソフト30本を内蔵しており、テレビに接続するだけで遊ぶことができる。従来のファミコンカセットを差し込んで遊ぶことや、ダウンロードなどによるソフトの追加はできない。

・ ファミコンは、本体を家庭のテレビにつなぎ、カセットを抜き差ししゲームソフトを交換して遊ぶ。1983年の発売以降、任天堂自身の優れたソフト開発力からヒット作品を次々とリリースしたことで、家庭用ゲーム機の市場を大きく拡大していった。ファミコン本体は、全世界累計で6,000万台以上を販売した(国外版を含む)が、ファミコンの生産は2003年に終了していた。

・ 2016年発売のミニファミコンは、当初は欧米のみで販売される方針で、2016年7月に、海外版ファミコン「Nintendo Entertainment System」の小型復刻版「NES Classic Edition」を11月に発売することが発表されていた。これが話題となっていたところ、任天堂は9月末に、日本国内でも同じ11月に復刻版を発売すると発表した。

ミニファミコンの狙いと今後への期待

・ 任天堂がミニファミコンを発売した狙いは、いまでは30~40歳代になっているかつてのファミコンファンをゲームに呼び戻すこと。彼らが、ファミコンに熱中していた当時のことを思い出し、ノスタルジーを感じることができるよう、ミニファミコンのデザインやパッケージはファミコンをそのまま再現したものとなっている。

・ ゲーム雑誌を発行しているカドカワの浜村弘一取締役は、任天堂の狙いについて次のように分析する。

(浜村氏は)任天堂はミニファミコンを新商品のヒットにつなげようとしていると指摘する。任天堂は12月にはスマートフォン向けのスーパーマリオランを配信し、来年は新型ゲーム機のニンテンドースイッチを発売する予定だ。浜村氏は「マリオなど人気キャラクターの力を使って、かつてのファンの心を刺激できる」と話す

(引用元:朝日新聞DIGITAL|ファミコン復活、TVゲーム世代を呼び戻せるか 任天堂

・ ミニファミコンは、発売初日から量販店などで売り切れが相次ぎ、通販サイトでも予約が困難な状況となり、1.5~2倍程度の価格での出品も見られるほどの人気ぶりとなった。カドカワの発表によれば、ミニファミコンの国内販売台数は11月10日から13日までに推定で262,961台にのぼった。浜村氏は、次のように分析しており、今後も人気が続くことが予想される。

「ファミコンに思い入れの強い層が多い。もっと生産していればさらに売れたのではないか」

(引用元:日本経済新聞|ファミコン復刻版、発売4日で26万台販売 ゲーム雑誌調べ

(参考) Nintendo|手のひらサイズのファミコンに30タイトルを収録「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」11月10日、メーカー希望小売価格5,980円にて発売 日本経済新聞|ファミコン復刻版、発売4日で26万台販売 ゲーム雑誌調べ  日本経済新聞|任天堂、ファミコン復刻版を日本でも11月発売 朝日新聞DIGITAL|ファミコン復活、TVゲーム世代を呼び戻せるか 任天堂 ITmedia ビジネスオンライン|任天堂、“ファミコン復刻版”を国内でも発売 「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」など30タイトル用意 ねとらぼ|手のひらサイズでファミコンが“再”登場! 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」 ITmediaニュース|「ファミコン世代」の心つかむ 小型の復刻版“ミニファミコン”発売 予約殺到で高額転売も engadget日本版|品切れ続くミニファミコン、海外オークションサイトで高騰、最高2万ドル。「買ったときのレシート」なる珍出品も 日刊スポーツ|手のひらサイズのミニファミコン、販売開始も即完売 ASCII.jp|手のひらサイズの復刻版海外ファミコン「NES Classic Edition」が入荷! Wikipedia|ファミリーコンピュータ

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら