観る将

観る将とは

・ 観る将(みるしょう)とは、自分で将棋を指さず、テレビやインターネットで対局の観戦を楽しむ将棋ファン。2012年頃から使われるようになった言葉。インターネット中継の普及や、棋士と人工頭脳の対局という話題性によって、観る将はますます増えつつある。

・ 観る将が増加した背景には、動画配信サイト「ニコニコ生放送」で棋士たちの対局が盛んに中継されるようになったことがある。ニコニコ生放送では将棋の特集ページが作られ、竜王戦・名人戦などのタイトル戦はもちろん、コンピュータと棋士が対戦する「電王戦」の中継も網羅している。

・ ニコニコ生放送では、視聴者の入力したコメントがリアルタイムで配信映像の上を流れる仕組みになっている。そのため、コメントの存在感が大きく、白熱するシーンでは多数のコメントが画面を埋め尽くし、視聴者同士が一体になって盛り上がることができる。また、ニコニコ生放送側の実況者や将棋に詳しい視聴者が対局の流れを解説しているため、将棋のルールがよく分からない人でも観戦を楽しむことができる。

観る将が着目しているもの

・ 観る将は、棋士の将棋の指し方のみに注目しているわけではない。ケーブルTVなどで放送している「囲碁・将棋チャンネル」の記者は、観る将について以下のように語っている。

対局室の光景というのは独特で、いわば非日常の世界です。将棋のルールも知らない人がテレビやネットを何気なく見ていて、たまたまふとした拍子に対局中継が目に入る。そこに映し出される非日常の世界に引き込まれ、将棋に興味を持つというパターンは、意外と多いようです。興味を持つ対象もさまざまで、対局室の独特な雰囲気が好きな人から、お気に入りの棋士が考える姿を見たいという人までさまざまです。

(引用元:囲碁・将棋チャンネル|イゴショー記者から見た将棋界

・ 観る将の楽しみには、棋士が対局のあいまに食べる食事やおやつもある。タイトル戦では昼食休憩が1回、おやつ休憩が2回挟まれ、棋士が何を注文して食べるのかは注目の的になっている。日本将棋連盟の中継ブログや、ニコニコ生放送の中継では必ずメニューが紹介され、ニコニコ生放送には視聴者がその日のメニューを予想する「昼食アンケート」というコーナーがある。

棋士のファンとしての観る将

・ インターネット中継が普及したことや、棋士がTwitterで情報を発信するようになったことにより、棋士の個性がファンらに伝わりやすくなった。そのため、棋士とファンの心理的距離が近くなり、特に気に入って応援している棋士のことをアイドルに例えて「推し棋士」と呼ぶこともある。好きな棋士の出演するイベントに出かけたり、パーティーで棋士や他のファンと交流したりと推し棋士の「追っかけ」をする人もおり、棋士がアイドルのように親しまれる現象が生まれている。

・ 対局だけでなく、棋士による「人狼ゲーム」もニコニコ生放送で中継されている。人狼ゲームとは、会話と推理をもとにして、誰が人狼(人に化けた狼)かを当てる対人頭脳ゲーム。将棋とは無関係なものの、高度な駆け引きが要求されるため、個性的な棋士たちによる白熱した人狼ゲームの中継は、棋士自身のファン、ひいては観る将を増やしている。

・ このように、インターネットの普及によって、指すだけではない将棋の新しい楽しみ方が生まれた。将棋という世界の敷居が下がったことにより、自分で将棋を指す人だけでなく観る将も今後ますます増えていくことだろう。

(参考) cakes|今日から萌えられる!「観る将」のはじめ方——将棋女子座談会 vol.1 ねとらぼ|将棋を指さない将棋ファン「観る将」の楽しさってどんなとこ? コトバンク|観る将 ダ・ヴィンチニュース|将棋ブームの立役者!? いま「観る将」がアツい 囲碁・将棋チャンネル|イゴショー記者から見た将棋界 niconico|公式生放送 将棋特集 公益社団法人 日本将棋連盟|チョコレートにケーキ。「おやつ」で読み解く棋聖戦 《 前編 》 公益社団法人 日本将棋連盟|将棋棋士の間で、人狼が流行っている?ニコ生でも話題になった、人狼のルールとハマってしまう理由とは?

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら