無線LANケーブル

無線LANケーブルとは

・ 無線LANケーブルとは、インターネットを使用するのに必要だと思われる、架空のケーブル。2017年10月16日から17日にかけて、無線LANケーブルは複数回Twitterのトレンドに入り、話題となった。

・ LANとは、(Local Area Network、ローカル・エリア・ネットワーク)の略。建物や敷地内など、限られた範囲にあるコンピューターで構築されたネットワークを指す。そして無線LANとは、ケーブルを使わずに電波や光などで通信を行うLAN。Wi-FiルーターやPC、プリンターなどを無線LANでつなぐことは、オフィスや家庭において一般的に行われている。

無線LANケーブルが話題となった背景

・ 上述したように、無線LANとはケーブルを使わないLANを意味するため、「無線LANケーブル」という表現は矛盾している。それにもかかわらず、無線LANケーブルなるものが話題になった背景には、2017年10月16日、無線LANの危険性に関するニュースが世界中をめぐったことがある。

・ ロイター通信社などの報道によれば、無線LANに使われている「WPA2」という暗号化関連技術に「深刻な欠陥」が存在するため、無線LANでやりとりする情報を傍受される可能性があることが、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学に所属する研究者Mathy Vanhoef氏の調査で明らかになった。これを受けて、独立行政法人・情報処理推進機構は、インターネット利用者に対し「各製品開発者からの情報に基づき、ソフトウェアのアップデートの適用を行う」「有線LANを使用する」などの対策をとることを推奨した。

無線LANケーブルは実在するか

・ 上記のような事情から、「無線LANが危険ならばケーブルを使えばよい」という発想が生まれ、「無線LANケーブル」という言葉がジョークのように使われはじめたと思われる。また、メルカリ上で、「無線LANケーブル」という名前で有線LANのケーブルが複数出品されていたことも、笑い話として注目された。

・ 一方、ITmedia NEWSの報道によると、無線LANケーブルと呼べるものは存在するという。それが「漏洩(ろうえい)同軸ケーブル」。電線によって電気信号を伝達しつつ、ケーブルのところどころに穴が空いているため、そこから電波が漏れ出す。つまり、漏洩同軸ケーブルが配置されていれば、トンネルのように電波が受信しづらい場所でもテレビやラジオを受信したり、無線LANを使用したりできるのである。ITmedia NEWSの記事がYahoo!ニュース上で配信されると、漏洩同軸ケーブルについて「知らなかった」「勉強になりました」というコメントが相次いで寄せられた。

(参考) IPA 独立行政法人 情報処理推進機構|WPA2 における複数の脆弱性について ロイター|無線LANに深刻な欠陥 NHKニュース|無線LAN規格に欠陥見つかる 世界中で使用 週刊アスキー|WPA2に脆弱性? 海外で発表 ITmedia NEWS|話題の「無線LANケーブル」は実在する ケータイ Watch|第550回:漏洩同軸ケーブル とは コトバンク|LAN コトバンク|無線LAN Twitterトレンド速報|無線LANケーブル Yahoo!ニュース|話題の「無線LANケーブル」は実在する

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら