二次創作

二次創作とは

・ 二次創作とは、既存の漫画・アニメなどのキャラクターを利用し、自分でイラストや漫画を描いたり、小説作品を作ったりすること。また、その作品。基本的に、原作のファンによるアマチュア活動を指す。登場キャラクターもストーリーも自分で考えるオリジナルの「一次創作」とは異なり、二次創作はキャラクターを借用したパロディである。

・ 二次創作は、ネット上で公開されたり、自費出版書籍である「同人誌」として頒布されたりする。同人誌を頒布したりファン同士で交流したりするイベントは「即売会」と呼ばれ、有限会社サークルドットエムエスが毎年8月・12月に東京ビッグサイトで開催する「コミックマーケット」(コミケ)が規模として最大。同人誌研究家の三崎尚人氏によれば、コミケで頒布される同人誌の75%以上が二次創作である。コミケは近年メディアでも大きく取り上げられ、足を運ぶ人の裾野が拡大している。芸能人がサークルとして出店したり、買い物したりする姿も見られ、SNSで情報が拡散されることで更なる盛り上がりを見せている。2016年12月のコミケでは、タレントの叶姉妹が訪れたことで大きな話題となった。

二次創作の経済効果

・ 2015年、政府は二次創作について「『関連商品販売等への波及効果』が見込まれるコンテンツに該当し得るものと考えられる」とし、その経済効果を認めた。「クール・ジャパン」として経済産業省が行っている事業は、日本独自の魅力を発信して民間ビジネスにつなげることを目的としており、二次創作は漫画・アニメを含めた「コンテンツ」として認められたことになる。二次創作コンテンツには、それを求めて訪日する外国人観光客(インバウンド)による経済効果が期待され、実際、コミケでは訪れる外国人のために、英語・中国語・韓国語での案内が用意されている。

・ 漫画・アニメの出版社や制作会社側は、原作ファンの裾野を拡大するため、また原作ファンをつなぎとめて関連商品を買ってもらうためなどの理由で二次創作を許容している。多くは黙認というかたちだが、ガイドラインを提示して二次創作を公式に認めている企業もある。たとえば、ブラウザゲームの原作などを手がける株式会社ニトロプラスは、『刀剣乱舞』など一部コンテンツに関して二次創作を条件つきで許諾している。

二次創作と著作権法

・ 二次創作は著作権法に抵触しかねないものの、著作権侵害は著作権保有者による告訴がなければ起訴にいたらない親告罪である。そのため、これまでは、よほど悪質な事例でなければ二次創作は「グレーゾーン」として黙認されてきた。しかし2014年に、環太平洋経済連携協定(TPP)に関する交渉において、映画などのコンテンツ保護のため著作権侵害を非親告罪とするよう米国に強く求められていることが報道されると、二次創作が次々に摘発されかねないとネット上で不安が広がった。

・ これを受けて、山田太郎・参議院議員(当時)は、表現の自由を守るという観点から著作権侵害の非親告罪化への反対運動を展開した。その結果、2016年のTPP合意書において著作権侵害は原則的に非親告罪となったものの、国内法では原則的に親告罪とすることが決定された。

・ このように、二次創作を行う権利は日本においておおむね守られている。弁護士の福井健策氏が言うように、二次創作は日本の重要な文化だ。原作への配慮を忘れないようにしつつ大勢のファンで楽しむことにより、経済的にも文化的にも発展することができるだろう。

パロディや二次創作文化は、日本ではお家芸に近い。そのこと自体が、ポップカルチャーの大きな裾野を形成している。これは今に始まったことではなくて、昔からです。

(引用元:ダイヤモンド・オンライン|TPPで著作権が暴走か? コミケも職場のコピーもダメになる

(参考) 朝日新聞デジタル|二次創作、黙認と違法の差は TPPでコミケ出品者恐々 朝日新聞デジタル|【コミケ91】過去最大規模で開幕 日本経済新聞 電子版|講談社、グレー裁定に安堵 著作権侵害摘発に新ルール 日本経済新聞 電子版|著作権侵害、告訴なしでも摘発へ 漫画同人誌は対象外 ダイヤモンド・オンライン|TPPで著作権が暴走か? コミケも職場のコピーもダメになる ZUU online|TPPと著作権問題 二次創作の非親告罪化でコミケに影響は? ITmedia ニュース|2次創作同人誌も「クールジャパン」に──政府が公式答弁 コミックマーケット|コミックマーケット91のご案内 経済産業省|クールジャパン/クリエイティブ産業 ニトロプラス公式サイト|著作物転載ガイドライン 山田太郎(前参議院議員)オフィシャルサイト|TPPによる著作権法の変更について goo ランキング|有吉も!実は「コミケ」に参加したことがある意外な有名人ランキング

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら