のむとうふ

「のむとうふ」とは

・ 「のむとうふ」とは、相模屋食料株式会社が製造する、ドリンクタイプの豆腐。豆乳ににがりを加えて豆腐を作り、それを崩してドリンクにしたものなので、豆乳とは異なる。2017年4月の発売初日に20万本売れたといい、2018年も女性を中心に高い人気を誇っている。

・ 「のむとうふ」はストローつきのカップに入っており、「いつでもどこでも気軽に飲める」ことが特徴。グルメニュースメディア「えん食べ」によると、食感は「とろとろのプリン」に近く、「ほんのり甘くクリーミーで、濃厚な口あたり」だという。ハンガリー産のハチミツが使われており、控えめな甘さを醸し出している。

・ 朝日新聞によれば、「のむとうふ」に使われている豆乳が「ポイント」だ。

まず、世界特許を取得している製法で、大豆をコクのある豆乳クリームと低脂肪の豆乳に分離。次に、分離した豆乳クリームと低脂肪豆乳を6対4の割合にした豆乳に、にがりを入れて、ゆるめの豆腐をつくる。豆乳クリームを多めに入れることで、コク深さが増すのだという。

(引用元:朝日新聞デジタル|(ヒット!予感実感)「のむとうふ」、クリームスープのよう 「ザクとうふ」に続く挑戦

「のむとうふ」の開発意図

・ 「のむとうふ」は、相模屋食料の豆腐ブランド「ナチュラルとうふ」の商品だ。同ブランドは、20~34歳の女性(F1層)をターゲットに、「毎日おいしく楽しくおとうふを食べていただきたい」という思いから誕生した。「のむとうふ」も、F1層の好みやライフスタイルを意識して作られている。

・ 「のむとうふ」は、形や味において飲みやすさが追求されているだけでなく、パッケージにも「スタイリッシュ」さが意識されている。プラスチックの容器は、白地に「nomu TOFU」「Don’t think, feel.」とアルファベットが配置された、シンプルなデザイン。相模屋食料によれば、「商品としての見た目のおしゃれ感だけでなく、手にした姿や飲んでいる姿もおしゃれな印象を与える」という。

「のむとうふ」の人気

・ 若い女性をターゲットに定めているため、「ナチュラルとうふ」ブランドの商品はファッションショーでプロモーションを行っている。「のむとうふ」についても、ファッションショーやライブが開催される毎年恒例のイベント「東京ガールズコレクション」(2017年3月)において、モデルたちが同商品を手に持って歩くというステージが展開された。人気モデルのマギーさんは、ステージ上で「のむとうふ」を口にし、「甘みがあってとろっとしている」「腹持ちがよさそう」と述べた。試飲した来場者からも、味や見た目を高く評価されたという。

・ Instagram上には、「のむとうふ」の写真が多数投稿されている。「くせになる味」「ハチミツが入ってるから飲みやすい」「見た目が可愛い」と好意的な反応が多いものの、「好き嫌い分かれる」「私はダメな味」といったコメントも見られる。

(参考) 相模屋食料|のむとうふ 朝日新聞デジタル|(ヒット!予感実感)「のむとうふ」、クリームスープのよう 「ザクとうふ」に続く挑戦 えんたべ|豆腐は飲み物?セブンで発見した「のむとうふ」がとろとろ食感でおいしい NewsTV|マギーがTGCで絶賛した『のむとうふ』〜豆乳ではない、まったく新しいおいしさ!?〜とは Instagram|#のむとうふ

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら