ポケモンGO

ポケモンGOとは

・ ポケモンGO(Pokémon GO)は、「ポケットモンスター」シリーズの新作。スマートフォン(以下スマホ)の位置情報機能(GPS)を使って現実世界を移動しながら、スマホ画面上にある地図に潜むさまざまなポケモンを捕まえ、コレクションしていくゲームである。

・ ポケモンGOは、拡張現実(AR。目の前の光景に人工的に作った映像や情報を付加する)の技術を導入したゲーム。現実世界を移動しながらポケモンを見つけると、その姿がスマホのカメラ機能によって写された実際の風景と合成して表示される。ポケモンが現実世界に存在しているような感覚を楽しみながらプレイできる。

・ 株式会社ポケモンと任天堂、アメリカのゲーム会社ナイアンティック(米グーグルから独立したベンチャー企業)が共同開発し、2016年7月6日に、全世界に先駆けてアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3か国で配信スタートした。公開されるやいなや、アップルのアプリ配信サイトAppStoreで配信数ランキング1位に躍り出たほか、Android搭載端末では1日あたりの利用者数がTwitterに迫るなど、ブームを巻き起こしている。また、任天堂の株価は、7月11日の東京株式市場で前週末に比べて25%の急騰となった。

・ 世界中で公開を今かと待つプレイヤーたちの期待が高まる中、ポケモンGOを先行公開した国でアクセスが集中してサーバに障害が起きたため、他の国での展開は遅れていた。日本では、2016年7月22日に配信が開始された。(※ 2016年7月22日 編集部追記)

ポケモンGOの特徴と開発の背景

・ ポケモンGOは、屋内でゲーム機上で遊ぶゲームではなく、プレイヤーが外に出かけていき、外出先でポケモンを捕まえるというのが最大の特徴。その斬新さから、海外では多くのユーザーに驚きと熱狂をもって迎えられている。

・ プレイヤーを外に出かけさせるというポケモンGOの特徴は、従来のポケモンの世界を拡張したものである。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。 『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

(引用元:株式会社ポケモン|Pokémon GO

・ ポケモンGOを共同開発したナイアンティックは、AR技術を使ったスマホ向け位置情報ゲーム「Ingress(※)」を開発・運営する企業。ポケモンGOは、Ingressの発想を子どもにまで広げたものである。プロジェクトには、任天堂の元社長である岩田聡氏も、生前熱心に取り組んでいた。ポケモンGOの開発を担当したナイアンティックの川島優志氏は、次のように語っている。

子どもたちの80%が運動不足と言われている現代。 一方の未来には、子どもたちが、家で機械を被りスクリーンに没頭している世界がある。 一方には、スニーカーを履いて、友達と街へ飛び出したくてうずうずしているような、未来。テクノロジーを否定するのではなく、活用し、Niantic はパートナーたちとそういう未来の可能性を探ろうとしている。それが子どもたちの見つめる世界を、未来を、変えることにつながると、考えているのだ。 岩田さんが最後に遺した落し子が、世界の子どもたちと一緒に世界へと歩き出すその日が、僕は待ちきれない。

(引用元:Google+|Masashi Kawashima

 

(※Ingressはスマホにアプリをダウンロードしてプレイするゲームで、GPSを使い、現実世界に存在する建造物(ポータル)を所有し、ポータル同士をつなげることで得た自陣をより多く広げたプレイヤーが勝つというもの。)

ポケモンGOに対する世界の反応

・ ポケモンGOに関しては、引きこもりがちな子供が外に出かけたり、ポケモンGOをきっかけに男女が出会ったり、ポケモンを探すために大人数が集まるイベントが開催されたりなどのポジティブな出来事が報告されている。

・ 一方で、ポケモンGOをめぐるトラブルも見られる。アメリカでポケモン探しに熱中しているプレイヤーを狙った強盗事件が発生したり、ゲームに没頭していたプレイヤーが路上で転倒して怪我する事例が起きたりしている。また、ポケモンGOが未配信の地域では、配信を心待ちにする心理を逆手に取った偽のポケモンGOアプリが現れ、個人情報などを抜き取る悪質なアプリであるとして注意が呼びかけられている。

・ ポケモンGOプレイ中の安全性については、スマホの画面を見続けなくても済むためのデバイスの発売が発表されている。デバイスはBluetoothを用いてスマホと連携し、近くにポケモンがいるといった情報を知らせるランプや、ポケモンを捕まえるなどの基本操作ができるボタンが付いている。

(参考) 株式会社ポケモン|Pokémon GO 産経ニュース|スマホ用「ポケモンGO」が米で配信すぐ人気沸騰 「ツイッターに匹敵」とも 事件も発生 日本経済新聞|スマホゲーム「ポケモンGO」出足好調 米でランキング1位獲得 ITmedia ニュース|“全米1位”の「Pokemon GO」、日本公開は今週中か ASCII.jp|ポケモンGO「岩田さん、ようやくここまで来ました」 Google+|Masashi Kawashima マイナビニュース|「Pokemon GO」の偽アプリが出現 - 早くプレイしたいユーザー心理を狙う

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら