調べるお

「調べるお」とは

・ 「調べるお」とは、インターネット業界における実業家・大柴貴紀氏による人気ブログ「インターネット界隈の事を調べるお」の略称。2017年11月8日、人材紹介などを手がけるエン・ジャパン株式会社のオウンドメディア「CAREER HACK」上に、大柴氏へのインタビュー記事「情報過多時代をサバイブせよ。『調べるお』こと大柴貴紀に訊く、超調査術!」が掲載され、SNS上でシェアされるなどして注目を浴びた結果、「情報過多時代」がTwitterのトレンドに入った。

・ 大柴氏は、クラウドファンディングのプラットフォームを運営する株式会社CAMPFIREの監査役や、サーバーのレンタルやアクセス解析などのwebサービス「忍者ツールズ」を提供する株式会社サムライファクトリーの取締役などを務めており、IT業界では名が知られた存在。インターネット業界について調べたことを大柴氏が「備忘録」として図にまとめた「調べるお」は、そのわかりやすさから人気を博している。

「調べるお」の運営

・ 「調べるお」が立ち上げられたのは2012年。大柴氏は「被リンク(※)の生成」および「1カ月でどの位自分がサイトを立ち上げ、記事をかけるのか」の調査を目的とし、1年間でおよそ300ものブログやwebサイトを開設した(※特定のページに対し、ほかのwebサイト上でリンクを貼ること。SEO策のひとつとして有効だとされる。SEOとは、検索エンジンの検索結果において、特定のサイトが上位に表示されるよう工夫すること)。そのなかで2017年11月現在も更新されているのは、「調べるお」をはじめとした数サイトのみである。

・ 大柴氏が「調べるお」に投稿する記事の作成にかける時間は、調査および図の作成に1~2時間、テキストを添えるなどして投稿できる状態にするのに10分だという。「ネタ探し」に困ったことはなく、SNSなどから得られる「点」の情報を調査して「線」にし、調べたことを図にまとめることで記事が生まれるのだと、大柴氏は「CAREER HACK」のインタビューにおいて話した。

大柴氏の語る「ブログを続けるコツ」

・ 大柴氏の「調べるお」は、2017年11月現在、開設から5年半以上が経過している。それほどの長期間ブログを続けるコツについて、大柴氏は「更新を義務にしないこと」だと話した。書きたいときだけ書くことで、モチベーションが維持できるのだという。実際、11月8日時点で、「調べるお」の最新エントリーは、9月29日付の「地銀や信金のベンチャー出資がチラホラ出てきてるので、地銀信金の預金残高を並べて見てみた」であり、10月は更新がされなかった。

・ また、「完成度70%でもいいから早く出すこと」も、ブログを続けるコツだという。

熱が冷めないうちにやる。ちょっとでも気になるニュース、小さい「点」をみつけたら、すぐにその場で調べて書くようにしています。
迷いがないから早くつくれるんだと思います。どうやってどこまで調べようかな、なんて思わない。「これ調べたい」と思った時に書いてるだけなんですよね。

(引用元:CAREER HACK|情報過多時代をサバイブせよ。「調べるお」こと大柴貴紀に訊く、超調査術!

(参考) インターネット界隈の事を調べるお Takanori Oshiba 調べるお編集後記|「あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい」に今さら回答してみた #blogcontinue CAREER HACK|情報過多時代をサバイブせよ。「調べるお」こと大柴貴紀に訊く、超調査術! WebSig24/7公式ブログ|[WebSig行ってきた]BASE株式会社&大柴貴紀さんに伺った「インターネット界隈の事を調べるお」が生まれたワケ Twitterトレンド速報|情報過多時代

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら