質問箱

質問箱とは

・ 質問箱とは、個人事業主のせせり氏が作成した、Twitter上で質問を募集・回答する機能を提供するサービス。正式名称は「Peing – 質問箱」だが、ユーザーのあいだでは「質問箱」と呼ばれることが多く、せせり氏自身「呼び方は『ピング』ですが誰もこっちの方で覚えていないので『質問箱』で覚えてください」と自身のブログで述べた。2017年11月22日に公開されると、質問は大流行し、わずか1カ月で2億PV(閲覧数)を達成。翌12月はハッシュタグ「#peing」が8日間連続でTwitterのトレンドに入った。

・ 12月21日、買取価格比較サイト「ヒカカク!」などを運営する株式会社ジラフによって質問箱が買収されたというニュースが、インターネットを賑わせた。譲受金額は非公表。開発者のせせり氏は以後、アドバイザーとしてジラフに関わるという。買収の発表後せせり氏は、質問箱の利用者数急増に不安を抱えていたことを「絶対すぐにどうしようもなくなってサーバー負荷で大変なことになるぞと毎日ビクビクしてた」とTwitter上で打ち明け、「本当に肩の荷が下りた気分です」と安心した様子を見せた。

・ 質問箱はサービスを無料で提供しており、広告を1件掲載しているのみだが、ジラフの代表取締役社長・麻生輝明氏のTwitterによれば、「すでに収益かなり出ています」とのこと。麻生氏は質問箱について「スマホアプリ作ります」「グローバル展開に挑戦します」などの展望を語っている。

質問箱の特徴

・ 質問箱を設置した人に対しては、誰でも匿名で質問を送ることができる。そして、受け取った質問に設置者がTwitter上で回答することでコミュニケーションが生まれる。この点において質問箱は、2017年6月にリリースされ、世界中に広まったアプリケーション「Sarahah」と共通点が多い。せせり氏もそれを認識しており、Sarahahとの違いをTwitter上で次のように説明した。

・Twitterログインなので5秒で始められます ・画像投稿、リンク投稿を選べるのでTwitterのメディア欄を圧迫しません ・質問が届いたらメール通知がきます ・答えた質問が質問済みに移動するので混雑しません

(引用元:Twitter|Peing(質問箱)

・ Sarahahで自分への匿名メッセージを受けつけるには専用のアカウントを作成する必要があるが、質問箱の場合、すでに所持しているTwitterアカウントを通してログインすればよい。また、受け取った質問文を画像化し、その画像をツイートに添付して投稿する場合、ユーザーがTwitter上に持つ「メディア」の一覧に追加されるが、特定のURLを記載して投稿すれば、Twitter上に質問文の画像が表示されつつもメディア一覧に表示されることはない。さらに、メールアドレスを登録しておくと、質問を受け取った際にメール通知が届いたり、未回答の質問と回答済みの質問が別のページに表示されたりするのも、Sarahahにはない質問箱の利点である。

質問箱の使われ方

・ 一方が「好きな食べ物は何ですか」といった質問や好意を表明するメッセージを匿名で送信し、もう一方がそれに答えることによって、Twitter上で多くの人が質問箱を通したコミュニケーションを楽しんでいる。質問箱の持つ匿名性が、普段は聞く機会のない質問や直接伝えるのをためらってしまうような好意を投げかけることを容易にしていると思われる。

・ 著名人も、ファンとの交流の手段として質問箱を利用している。タレントの椿彩奈氏は12月9日から質問・コメントを受けつけはじめ、70件以上のユーモアあふれる返信を行って人気を博している。また、お笑い芸人の井上裕介氏は同15日に「流行ってると聞いたのでやってみました」と質問箱のURLを掲載し、「いつ結婚しますか?」「地元でオススメのお店ってありますか?」などの質問に答えた。

(参考) Peing Twitter|Peing(質問箱) Twitter|せせり 26歳 Twitter|Peing質問箱の後継者 考えすぎてしまう人のブログ|【お知らせ】半日でwebサービス「Peing(質問箱)」を作ったら6日でTwitterトレンド1位(49000ツイート)になりました 株式会社ジラフ|月間2億PVの匿名質問サービス「Peing – 質問箱」を買収 ロケットニュース24|じわりと人気を集める匿名質問箱「Peing」の使い方を解説 / 一度質問に答え始めるとキリがなくなる…… ITmedia NEWS|「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ TechCrunch Japan|ローンチ1ヶ月で月間2億PVペースの「Peing – 質問箱」をジラフが買収、世界展開目指す Twitterトレンド速報|#peing

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら