水上ホテルとは

・ 水上ホテルとは、ハウステンボス株式会社が企画している、水上に浮かぶ球体型のホテル。2018年夏、長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」において本格的に稼働する予定。2018年3月6日に発表されると、旅行や新しいものが好きな人たちのあいだで注目された。

・ 水上ホテルの直径は6.4m。1階が客室、2階がデッキというメゾネットタイプだ。トイレ、ジェットバス、打たせ湯、天井シャワーを備えている。1室あたりの宿泊人数は2、3名で、利用料金は5万~10万円の予定。2018年3月中に船舶登録検査が終了する予定で、船としては9名まで乗船できる。

水上ホテルの稼働

・ 2018年3月には、水上ホテルの実証実験が始まる。実験内容は、停泊した状態での宿泊およびハウステンボス―無人島間を移動しながらの宿泊。水上ホテル自体にエンジンはなく、他の船に曳(えい)航されての移動となる。ゴールデンウィークには、抽選で選ばれたモニター客を宿泊させ、改善点を探す。

・ 水上ホテルがハウステンボスと往復する無人島とは、2018年4月に新アトラクション「ジュラシックアイランド」がオープンする場所だ。「ジュラシックアイランド」は、襲いかかってくる肉食恐竜をライフル銃で撃退しつつ財宝を探す、「AR(拡張現実)シューティングアトラクション」。プレイヤーが携帯するライフル銃の「ARスコープ」をのぞくと、現実の自然のなかにCGの恐竜が映し出される。

・ ハウステンボスによると、水上ホテルが向かう無人島の全周は1,200m。ハウステンボスからは直線距離でおよそ6kmだ。通常では船で約40分の道のりだが、水上ホテルで向かう場合、ハウステンボスを夜に出発して翌朝に到着するという。無人島の道は整備されておらず、電気・ガス・水道もない。島内では自然そのものが楽しめるとのこと。

長時間学習からの脱却。多忙な就活生が短時間でTOEIC®855点獲得した、科学的理由。
人気記事

水上ホテルへの反応

・ 水上ホテルについて、ソーシャルメディア上では「おもしろそう」「お金に余裕があれば家族で泊まってみたい」などの感想が見られた。コンセプトの斬新さや、ハウステンボスのチャレンジ精神そのものを高く評価する人もいた。ハウステンボスは水上ホテルを「変なホテルに次ぐ、世界初のホテル・第2弾」と称しており、「遊び心とリラクゼーションを追求した新感覚空間」だと述べている。

・ 一方、水上ホテルでの宿泊について、船酔いを心配する人が多かった。また、「海上で何かあっても自分たちだけで対応しなくちゃいけないのが怖い」と懸念を表明する人もいた。2018年夏の本格稼働までに、3月の実証実験およびゴールデンウィークのモニター宿泊を経るため、その段階で上記のような問題点が改善される見込み。

(参考)
ハウステンボスリゾート|世界初!移動式球体型水上ホテル始動
ハウステンボスリゾート|ジュラシックアイランド
PR TIMES|ハウステンボスから船で出発! 恐竜の潜む無人島へ!「JURASSIC ISLAND」ついに始動!
日本経済新聞 電子版|海に浮かぶホテルで無人島へ ハウステンボス公開
Yahoo!ニュース|ハウステンボスが球体水上ホテル披露 GWごろ宿泊者受け入れ