タラレバ娘

タラレバ娘とは

・ タラレバ娘とは、「もしあのとき〇〇〇だったら」「もっと〇〇〇していれば」と、事実とは異なることを仮定して後悔をしたり、根拠のない妄想をふくらまし、愚痴を言ったりする女性のこと。

・ 漫画雑誌『Kiss』にて連載中の『東京タラレバ娘』(東村アキコ著)の作中で、「タラレバ」を多用して、さまざまな妄想と後悔を繰り返す登場人物たちを「タラレバ娘」と呼んでいる。

・ 漫画『東京タラレバ娘』の単行本第7巻が、2017年1月23日付オリコン週間コミックランキングで、同シリーズ初の1位を獲得したことや、2017年1月から日本テレビ系で同作がテレビドラマ化されたことによって、「タラレバ娘」という言葉が広く知られるようになった。

漫画『東京タラレバ娘』

・ 講談社が発行する女性向け漫画雑誌『Kiss』にて2014年5月号より連載中の、東村アキコ著の漫画。2017年2月現在、単行本1~7巻が発売されている。また、登場人物の年齢が33歳であることから、30歳前後の女性がSNS上で話題にすることが多い。

・ 主要登場人物は、フリーランスの脚本家、ネイルサロン経営者、両親の経営する居酒屋を手伝っている一人娘の女性たちであり、3人は高校の同級生という設定で年齢は33歳である。「タラレバ」を言いながら、女性ばかりの飲食会を繰り返す3人の日々が赤裸々に描かれたストーリーに加え、作中のキャラクター、白子の「タラ」とレバテキの「レバ」が発する、鋭く的確な意見が人気を支えている。

・ 『東京タラレバ娘』というタイトルは、作者・東村アキコ氏の出身地である宮崎県に住む、実の父親のアイデアだという。宝島社「このマンガがすごい!WEB」のインタビューにて、東村アキコ氏は以下のように述べている。

私、そもそも「タラレバ」って言葉を知らなかったので、「タラレバってなに?」って聞いたんですよ。(中略)そうしたら、父の世代は「たられば言うとっても仕方ない」っていうのを決まり文句みたいに使っていたと。「あの時こうしてれば、あの時こうだったらと言ってても意味がないでしょって」と聞いて、「これだ!」とひらめいたんです。まさに「タラレバ」はこの作品のテーマをひとことで表してると。

(引用元:宝島社「このマンガがすごい!WEB」|東村アキコ『東京タラレバ娘』インタビュー【前編】)

テレビドラマ『東京タラレバ娘』

・ 漫画『東京タラレバ娘』の人気を受け、2017年1月18日から日本テレビ系にてテレビドラマ版が放送された。原作では33歳である主人公の年齢設定が、テレビドラマ版では30歳に引き下げられていたことが話題となった。

・ テレビドラマ主題歌は女性ボーカルグループPerfumeの「TOKYO GIRL」である。また、2017年2月15日に解禁されたミュージックビデオには、テレビドラマ版で主演を務める、女優の吉高由里子が友情出演している。

・ テレビドラマ版の放送によって、女性だけでなく男性の間でも『東京タラレバ娘』が話題にのぼっており、インターネット上では「タラレバ娘」について意見を述べる男性の投稿が増えている。

(参考) Wikipedia|東京タラレバ娘 Kiss|『東京タラレバ娘』東村アキコ 日本テレビ|東京タラレバ娘 ORICON NEWS|『東京タラレバ娘』最新7巻がシリーズ初首位 実写ドラマ化で注目 このマンガがすごい!WEB|東村アキコ『東京タラレバ娘』インタビュー【前編】 スポニチAnnex|吉高由里子主演「東京タラレバ娘」初回好発進13・8% エキサイトニュース|「東京タラレバ娘」で独身男性にも精神的ダメージ dot.|Perfume 『東京タラレバ娘』主題歌「TOKYO GIRL」MV公開! 吉高由里子も友情出演

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら