「THE BRIDGE」とは

・ 「THE BRIDGE」とは、2010年に創刊された、スタートアップ(新たな商品・サービスを創出し、急速な成長を目指す企業)の情報を配信するブログメディア。毎月およそ50万人に読まれているという。2018年4月19日、「THE BRIDGE」が株式会社THE BRIDGEから株式会社PR TIMESに譲渡されたことが発表され、Webメディアに関心を抱く人などから注目を浴びた結果、Twitterのトレンドに「the bridge」が入った。

・ PR TIMES社は、企業や団体のプレスリリースをインターネット上で配信するサービス「PR TIMES」を運営している。同サービスは、国内上場企業の31.3%に利用されているとのこと。両社は2015年に業務提携を、2016年に資本業務提携を結び、スタートアップに関する情報流通において協働してきた。「THE BRIDGE」の譲渡後も、THE BRIDGE社の代表取締役にして「THE BRIDGE」編集長の平野武士氏が運営を担う。従来のコラム記事などに加え、「PR TIMES編集部」名義のストレートニュース(記者の見解を含まない、事実のみを伝えるニュース)が配信されるようになるという。

「THE BRIDGE」創刊の経緯

・ 平野氏はかつて、米国のIT系ブログメディア「TechCrunch」の日本展開に携わったほか、テクノロジーおよびビジネス情報を提供するWebメディア「CNET Japan」でライターを務めた経験を持つ。2010年、平野氏はのちに「THE BRIDGE」共同創刊者となる池田将氏らと、企業家・エンジニアのマッチングイベント「スタートアップ・デイティング」を開催。翌2011年に海外メディアの翻訳が始まり、株式会社スタートアップ・デイティングが誕生した。2013年、社名およびサイト名が「THE BRIDGE」に変更された。

・ 企業家とエンジニアのマッチングイベントから始まった「THE BRIDGE」は、その後も「起業家と投資家を繋(つな)ぐ」をコンセプトに掲げてニュースを配信しつづけた。平野氏は「起業家が増えれば彼らが新しい経済と雇用を生み出してくれる」という考えをもって「THE BRIDGE」を運営してきたという。

90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

「THE BRIDGE」の取り組み

・ 「THE BRIDGE」はスタートアップ関連記事を配信するほか、スタートアップと一般企業をつなげる会員制コミュニティ「Lab.」の運営を2017年に始めた。「Lab.」は、月ごとに課題を設定し、課題解決をテーマにした勉強会を開催。たとえば2017年8月は「長時間労働問題/建設業編」をテーマとし、電通や三菱UFJ銀行(当時)など多くの企業の協賛によってレポート作成やミートアップ実施された。ミートアップでは、課題解決につながるサービスを運営するスタートアップ4社が講演を行った。

・ 「THE BRIDGE」は、起業家や投資家のマッチング機会の提供を続けていくという。2018年1月には3日間にわたって、「新しい経済」の視点で課題解決を目指す人・企業・投資家をつなげるイベント「THE COIN」を開催した。1日目には、国内外から200名以上の起業家・投資家・大企業関係者などが集まったという。物品買取アプリケーション「CASH」を運営する株式会社バンクの代表取締役・光本勇介氏も登壇した。

(参考)
THE BRIDGE|THE BRIDGEをPR TIMESに事業譲渡しましたーー起業家を書き続けた8年間について
THE BRIDGE|6/22、代官山で「スタートアップ・デイティング」準備回開催
THE BRIDGE|“新しい経”を創り出すスタートアップ・シーンを語るイベント「THE COIN」、Day1キーノート&トークセッションのまとめ #THECOINjp
THE COIN
PR TIMES|PR TIMESが「THE BRIDGE」を事業譲受、スタートアップ向けPRをさらに強化
日本経済新聞 電子版|有料イベントで人つなぐ 新興メディア、出会い提供
Twitterトレンド速報|the bridge