チケトレ

チケトレとは

・ チケトレとは、ぴあ株式会社が運営している「チケットトレードリセールサービス」。コンサートやアミューズメントパークのチケットを購入した人が、仕事・病気などのやむをえない事情でチケットを使えなくなった場合、チケットをチケトレ上に出品することによって、ほかの人に定額で転売することができる。チケトレは2017年5月10日にプレオープンし、インターネット上で話題となっている。

・ チケトレが設立された背景には、高額で転売することを目的に人気チケットを買い占める「転売ヤー」の存在によって、正規価格でのチケット入手が困難になっているという「転売チケット」問題がある。そのため業界では、チケットを購入した本人しか入場できないようにするなどの対策が取られつつあるが、それと同時に、やむをえない事情でチケットを使えなくなった購入者がほかの人にチケットを譲渡できる場を設ける必要性も指摘されていた。ぴあ株式会社のニュースリリースによると、チケトレは「高額転売問題に向き合い、ユーザーから最も意見が多かった『本当に行けなくなった時の救済措置を作って欲しい』というニーズを早急に解決するべく」設立されたという。

・ 日本最大級のチケット販売システム「チケットぴあ」を運営しているぴあ株式会社は、高額転売対策として、チケットぴあで購入した発券前のチケットを転売できる「定価リセールサービス」をすでに行っている。新たにオープンしたチケトレでは、チケットぴあ以外で購入したチケットも取引きが可能になるため、転売できるチケットの範囲が広がったかたちになる。しかし、手数料が高い上に転売ヤーの撲滅には効果がないとして、SNS上にはチケトレへの批判が多く投稿されている。

チケトレの仕組み

・ 自身の購入・発券したチケットをチケトレで転売したい場合、主に以下のような手順を踏む必要がある。

1. 会員登録・本人確認を行う。 2. チケットの情報およびチケットの写真を登録する。チケットの出品額は「券面額」と定められている。 3. チケトレによる審査の完了後、出品したチケットが公開され、希望者が購入できるようになる。 4. 購入希望者からチケトレに代金が支払われたことを確認したあと、購入者にチケットを直接発送する。 5. 公演が終了してから4日後、「券面額」から手数料を引いた金額がチケトレから支払われる。

・ チケトレでチケットを転売する場合、出品者はチケットを購入者に直接郵送するため、出品者と購入者のあいだで住所・氏名という個人情報がやりとりされる。また、出品者は入金を確認してから2日以内に、追跡および対面受渡しが可能な、レターパックプラスなどの配送方法で郵送することが定められている。この際、送料は出品者が負担する。万が一、購入したチケットが届かなかったり、チケットが不正だったりした場合は、チケトレから購入者に返金が行われる。以上の点などにおいて、チケトレは「定価リセールサービス」と異なる。

チケトレの問題

・ 上記のように、チケトレは比較的安全にチケットをやり取りできる場を提供しているものの、批判を浴びているのはその手数料である。プレオープン発表時には、初回キャンペーンとして出品手数料が「今だけ¥0!」とうたわれているものの、本来は「取引手数料」として「チケット券面金額の10%、3,999円以下一律400円」および「システム手数料」として380円が請求される(金額は全て税込)。つまり、「券面額」が10,000円のチケットの場合、出品者は手数料として1,380円を支払うことになる。しかも、出品者がチケットをチケットぴあで購入していた場合、「特別販売手数料」「決済手数料」「システム利用料」「発券手数料」「配送手数料」などが別途発生するため、最低でも324円の手数料を支払わなければならないが、この金額をチケットの販売額に上乗せすることはできない。Twitter上では、都合で行けなくなった公演のチケットを転売したい人が購入者を募る際、「券面額」に加え、出品者がチケットぴあなどに支払った手数料を販売額に上乗せして募集することが一般的に行われているため、「手数料高すぎ」「使うメリットが何ひとつない」「絶対使わない」など、多くの苦言が呈されている。

・ また、「チケトレから買って転売サイトで高額出品できるようでは意味がない」「転売ヤーの在庫にならないことを願う」など、チケトレが転売ヤーの撲滅には役立たないことを指摘する声もある。ぴあ株式会社の担当者も「チケトレだけでは高額転売の解決にならないことは認識している」と話しており、チケットの高額転売問題に対しては、今後も業界全体で対策を打ち出していくことが求められている。

(参考) Study Hacker|転売チケット チケトレ ぴあ株式会社|ぴあが運営を受託するエンタメ業界初の公式チケットトレードリセール「チケトレ」 ぴあ株式会社|チケット販売 ぴあ株式会社|定価リセールサービスについて ITmedia NEWS|手数料高すぎ? 業界公式チケット転売「チケトレ」に批判も ハフィントンポスト|『チケトレ』に「出品者にメリットない」「手数料高い」の声も 業界初の公式チケット転売サイト Twitter|チケトレ 私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します|音楽業界初の公式チケットトレードリセール「チケトレ」

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら